JavaScriptでclass属性値を変更する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでclass属性値を変更する方法について現役エンジニアが解説しています。class属性値を変更するためには、querySelectorやgetElementByIdなどで要素を取得した後に、classNameやclassList属性に値を設定しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでclass属性値を変更する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでclass属性値を変更する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

class属性値とは

class属性値とは、HTMLの要素に対して任意の文字列などで分類名を名付けた値のことです。

例えば、class属性値を指定することでスタイルシート(CSS)に定義されたスタイルなどを適用することができます。

加えて、複数の要素を合わせることも可能です。

<p class="bold">This id bold</p>
p.bold {
  font-weight:bold;
}

JavaScriptでclass属性値を取得する方法

JavaScriptでclass属性値を取得する場合は、querySelectorメソッドやgetElementByIdメソッドなどでinput要素を取得後に、classNameやclassListを使います。

 

実行例

// <p class="class1 class2 class3"> がターゲット
let element = document.querySelector('p');

console.log(element.className);
// => 'class1 class2 class3'

console.log(element.classList);
// => ['class1', 'class2', 'class3', value: 'class1 class2 class3']
// ※DOMTokenList

 

jQueryの場合にはattrメソッドやpropメソッドを使います。

 実行例

// <p class="class1 class2 class3"> がターゲット
let element = $('p');
console.log(element.attr('class'));
// => 'class1 class2 class3'

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

JavaScriptでclass属性値を変更する方法

JavaScriptでclass属性値を変更する場合は、querySelectorやgetElementByIdなどでinput要素を取得後に、classNameやclassListを使って変更できます。

classNameを使う場合は、値の書き換えであって追加ではないことに注意しましょう。

 

以下、コード例となります。

// <p class="class1 class2 class3"> がターゲット
let element = document.querySelector('p');
element.className = 'class4';
// ↑ <p class="class4"> となる

element.className += ' class5';
// ↑ <p class="class4 class5"> となる

 

classList を使う場合は、add, remove, toggle, replace などのメソッドを使用しましょう。

// <p class="class1 class2 class3"> がターゲット
let element = document.querySelector('p');

// remove で削除
element.classList.remove('class1');
// ↑ <p class="class2 class3"> となる

// add で追加
element.classList.add('class4');
// ↑ <p class="class2 class3 class4"> となる

// toggle で On/Off。既に存在していれば削除される。
element.classList.toggle('class3');
// ↑ <p class="class2 class4"> となる

// toggle で On/Off。存在していなければ追加される。
element.classList.toggle('class3');
// ↑ <p class="class2 class4 class3"> となる

// replace で置き換え(class2 → class5)
element.classList.replace('class2', 'class5');
// ↑ <p class="class5 class4 class3"> となる

 

jQueryの場合にはaddClass, removeClass, toggleClassを使います。

// <p class="class1 class2 class3"> がターゲット
let element = $('p');

// removeClass で削除
element.removeClass('class1')
// ↑ <p class="class2 class3"> となる

// addClass で追加
element.addClass('class4');
// ↑ <p class="class2 class3 class4"> となる

// toggleClass で On/Off。既に存在していれば削除される。
element.toggleClass('class3');
// ↑ <p class="class2 class4"> となる

// toggleClass で On/Off。存在していなければ追加される。
element.toggleClass('class3');
// ↑ <p class="class2 class4 class3"> となる

 

実際に書いてみよう

以下の HTML 要素に対して、class属性値の操作を試してみましょう。

<p id="first" class="class1">1st</p>

まずは class属性値を取得してみます。

let p = document.getElementById('first');
console.log(p.className);
// => 'class1'

次にclass属性値を書き換えてみましょう。

p.className = 'class2';
console.log(p.className);
// => 'class2'

では、classも追加してみましょう。

p.className += ' class3';
console.log(p.className);
// => 'class2 class3'
p.classList.add('class4');
console.log(p.className);
// => 'class2 class3 class4'

最後にclass3を削除してみましょう。

p.classList.remove('class3');
console.log(p.className);
// => 'class2 class4'

class2 を class1 に置き換えてみます。

p.classList.replace('class2', 'class1');
console.log(p.className);
// => 'class1 class4'

 

執筆してくれたメンター

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript、Node.js。おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

JavaScriptでclass属性値を変更する方法がよくわかりました!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。