JavaのAPIドキュメント(リファレンス)のダウンロードと使用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのAPIドキュメント(リファレンス)のダウンロードと使用法について解説しています。最初にAPIとは何か、どういった用途で使われるのかについて説明します。次にJavaのAPIドキュメントの種類、ダウンロードと利用方法について学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのAPIドキュメント(リファレンス)のダウンロードと使用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

APIドキュメント(リファレンス)のダウンロードと使用法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

APIとは

APIとは、アプリケーションプログラミングインターフェース(Application Programming Interface)の略で、あらかじめ用意されている様々なアプリケーション利用するための使い方を示すものです。

例えば、あるソフトウェアの機能・管理を他のプログラムと連携させるためのルールはAPIにあります。

よく使用されているGoogleMapなどにもAPIが提供されており、独自のカスタマイズを行うことが可能です。

JavaのAPIドキュメント(リファレンス)は、APIによる開発方法やクラス内のメソッドの使用方法を解説した説明書のことです。

 

JavaのAPIドキュメント(リファレンス)の種類

コア API ドキュメント

コアAPIドキュメントとは、コアAPIの説明書のことです。

コアAPIは、頻繁に使用される、プログラミングの核となるクラス・メソッドを指します。

JDK プログラマーズ・ガイド

JDKとは、ジャバ デベロップメント キット(Java Development Kit)の略で、Javaを用いて開発を行うための基本的なツールです。

JDKを用いることでWebアプリケーションやスタンドアロンアプリケーションを作成することができます。

そして、プログラマーズ・ガイドには、開発を行うための手順やヒントなどが記載されています。

JDK に含まれるコア以外の API

こちらはコア以外であるため、特殊な処理や専門的な処理を行いたい場合に用いるクラス・メソッドの説明書です。

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

ダウンロードと使い方

ダウンロード

インターネットに繋がる環境の場合はダウンロードをする必要はありません。Oracle社が提供している最新のリファレンスページを参照してみましょう。

インターネットが繋がらない環境では、リファレンスを参照したい場合等は事前にダウンロードしましょう。そうすることで、ネット環境が無くても参照することが可能となります。

 

ダウロードページより使用するJavaのバージョンを選択してダウンロードしてみましょう。

使い方

JavaのAPIはバージョンによって使い方が微妙に異なったり、使用そのものが非推奨になったりします。使用するJavaのバージョンを確認して、リファレンスを参照しましょう。

そして、今回はJava8を例として解説していきましょう。

コア API ドキュメントの 8 日本語 をクリックすると、次のページが表示されます。

このページでは、画像の様に赤・青・緑で囲んだ3つのエリアに分かれています。

赤枠のエリアがパッケージを選択するエリア、青枠のエリアが選択したパッケージに含まれるクラスの一覧が表示、選択するエリアです。
青枠のエリアで選択したクラスの説明やクラスに含まれるメソッドの説明が緑枠のエリアで表示されます。

ダウンロードしたものも基本的には同じ使い方です。

ダウンロードしたZIPファイルを解凍したフォルダの中を見ると次のようなフォルダやファイルの一覧があります。

この中のAPIフォルダの中にあるindex.htmlを起動すると、上記のコア API ドキュメントの 8 日本語 をクリックしたページと同じページが表示されます。

Javaに限らずプログラムの開発を行う人にとって、このAPIドキュメント(リファレンス)はとても重要なものだといえるでしょう。

例えば、どの様なクラスなのか、個々のメソッドの役割・引数や戻り値の説明など、開発には欠かせないものです。

既存のプログラムコードを読むときなどはAPIドキュメント(リファレンス)を活用してみましょう。

 

執筆してくれたメンター

福光清史

大学時代に4年間システム開発会社でのアルバイト後、大学卒業と同時にフリーエンジニアとして独立
C言語から入り、C++、VB、C#、Java、PHP、Fortranなどの言語にて開発。

原子力発電所の検査システムやeTax、銀行系システムなどの開発に携わってきました。

 

大石ゆかり

JavaのAPIドキュメント(リファレンス)のダウンロードと使用法について良くわかりました!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。