Android StudioでAndroidアプリのデバッグをする方法【初心者向け】

Android StudioでAndroidアプリの【デバッグ】をする方法を初心者向けに解説した記事です。開発したアプリは、Android Studioのデバッガを利用して、アプリが正常に動いているか事前に確認しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Androidアプリをリリースする前に、実際にアプリを実行してバグがないかを確認する必要があります。これがデバッグの作業です。

Android Studioのデバッガを利用すると、アプリの実行を途中で停止しながら、アプリが正常に動いているか確認することができます。

今回は、初心者向けにデバッグの方法を紹介します。

 

本記事はTechAcademyのAndroidアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに解説しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!簡単なAndroidアプリを開発してみたんですけど、デバッグってどうやるんですか〜?

田島悠介

デバッグはAndroid Studioでできるよ。教えてあげるね。

大石ゆかり

はい、お願いします♪

 

Android Studioでデバッグをする流れ

Androidアプリのデバッグは、以下のような手順で進めていきます。

それでは手順をおって説明していきます。

 

 

ブレイクポイントを設定する

デバッグ時にアプリの動作を一時的に停止し、変数の状態などを確認することができます。まずは、一時的に停止するポイント(ブレイクポイント)を設定しましょう。

 

対象のコードをコードエディターで開き、ブレイクポイントを設定したい行の左端をクリックします。

すると、ブレイクポイントが設定されると赤丸が表示されます。

 

[PR] Androidアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

アプリをデバッグで実行する

ブレイクポイントが設定できたら、アプリをデバッグで実行します。

 

ツールバーから、「Debug」をクリックします。

これでアプリがデバッグモードで起動します。

 

アプリを操作し、ブレイクポイントを設定した箇所を通ると、現在止まっている行が青矢印で示されています。また、下部のデバッグビューで現在の変数の状態などを確認することができます。

 

ステップ実行をする

キーボードの「F8」ボタンをクリックすると、1行ずつコードが実行されます。変数に変化があった場合は、変数ビューで確認をすることができます。

 

デバッグを終了する

左下の「Resume Program 」をクリックすると、ステップ実行を終了できます。

ツールバーまたは左下の「Stop ‘app’」をクリックすると、デバッグを終了できます。

 

 

Android StudioでAndroidアプリのデバッグをする方法は以上です。

デバッグが完了したら、Androidアプリを実機でテストしてみてください。

 

大石ゆかり

こうやってデバッグするんですね!

田島悠介

うん。デバッグは大事だから、Android Studioで手軽にできるのはいいね。でも実際の機種で試すことももちろん大事だよ!

大石ゆかり

はい♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるAndroidアプリ開発講座(オンラインブートキャンプ)を開催しています。自分でアプリを公開してみたい場合はご参加ください。