MacOSでのPythonのバージョン切り替え方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにMacOSでのPythonのバージョン切り替え方法について現役エンジニアが解説しています。Mac OS上でパッケージを管理するHomebrew、Pythonのバージョンを管理、切り替え出来るpyenvをインストールして、Python2系と3系の環境を混在させてみます。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社 代表取締役
対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、スマホアプリ、Unity、Rails、スマートコントラクト、講師、執筆、CTO

MacOSでのPythonのバージョン切り替え方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

MacOSでPythonを利用する場合、Homebrewを利用してバージョン管理を行います。

実務でもHomebrewを利用して様々なアプリケーションのバージョン管理を行いますので、ぜひ学習してみてください。

目次

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

MacOSでのPythonのバージョン切り替え方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

Homebrewとは

Homebrewとは、Mac OS Xで、ソフトウェアの導入をシンプルに行うことができる、パッケージ管理システムです。

パッケージ管理システムというのは、いろいろなソフトウェアをインストールする時に、関連するソフトウェアのインストールもしてくれます。

今回、複数バージョンのPythonを利用する上で、pyenvというソフトウェアを利用します。

Homebrewをインストールしておくことで、pyenvのインストールがスムーズになります。

 

pyenvとは

pyenvとは、Pythonのバージョン管理を行うソフトウェアです。

Pythonは大きく分けて、Python2系とPython3系があります。

現在、新規で開発されるシステムはPython3系がほとんどですが、過去に動作していたシステムでPython2系を利用しているものは非常に多いです。

Python2系とPython3系では微妙に文法が異なる事があります。

手元のPCにPython2系とPython3系の両方をインストールしておくことで、様々な時代のPythonプログラムに対応できるようになります。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Homebrewのインストール

HomebrewとはMac OS上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムの一つです。Homebrewの特徴は以下です。

  1. 1行入力するだけでパッケージをインストールできる
  2. パッケージの依存性も管理してくれる

Homebrewをインストールする手順は以下です。

1. HomebrewがMac OSにインストールされているかの確認

$ brew --version

もしHomebrewのバージョンが表示された場合はインストール済みなので次のpyenvのインストールに移ります。

2. Homebrewのインストール

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

インストール後再度バージョンを確認し、バージョンが表示されればインストール完了です。

 

pyenvのインストール

次にpyenvをインストールします。

pyenvとは様々なバージョンのPythonを管理するツールです。

pyenvを利用することでPythonの2系と3系の切り替えや3系の別バージョンでの切り替えなどを可能にします。

インストールの方法は以下の通りです。

$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

ターミナルを再起動するとpyenvを使用できるようになります。

pyenvの利用方法とpythonのインストール

pyenvでインストール可能なPythonのバージョンを一覧で確認できます。

$ pyenv install --list

リストを確認したらリストにあるバージョンでインストールしたいものをインストールします。

今回はPython 2.7.12とPython 3.7.0をインストールするとします。

$ pyenv install 3.7.0
$ pyenv install 2.7.12

Pythonがインストールされているか確認しましょう。

$ pyenv versions

先ほどインストールしたバージョンが表示されればインストール成功です。

現状のPythonのバージョンを確認するためには以下のコマンドを入力します。

$ python --version

バージョンの切り替え方法ですが以下の方法があります。

$ pyenv local 3.7.0
$ pyenv global 2.7.12

localとすると実行したカレントディレクトリにだけ適応されます。

globalとすると全体に適応されます。local設定のほうがglobalより優先されます。

pyenvでの開発環境を導入しよう

最後にプログラムを実行して試してみましょう。

まずはPython3.7.0が適応されている状態で以下のプログラムを実行してみましょう。

$ python
>>> print("こんにちは");
こんにちは

次にPython2.7.12に切り替えたうえで実行して表示されればPython 2.7.12が適応されています。

$ python
>>> print "こんにちは";
こんにちは

Python 2系と3系ではprintの仕様が変更されておりprint3系ではprint(表示させたい内容)でないとエラーとなります。

「print 表示させたい内容」で表示されたなら2系への切り替えがうまくいったことになります。

 

まとめ

今回は、Mac OSでのPythonのバージョンの切り替え方法について解説しました。

Homebrewを利用することで、様々なアプリケーションを管理できるようになります。

pyenvを利用することで、複数バージョンのPythonを同じPCで利用可能になります。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!