Python3によるrange()メソッドの利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPython3によるrange()メソッドの利用方法について現役エンジニアが解説しています。range()メソッドは特定の範囲の数値を順番どおりに出力する処理を行います。for文でよく使われており、開始位置や終了位置、取り出す数値の間隔を指定することが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Python3によるrange()メソッドの利用方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Python3によるrange()メソッドの利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではPython3系でのrange()メソッドの利用方法を解説します。

range()メソッドはfor文との組み合わせでよく出てきます。

range()メソッドとは?

range()メソッドは特定の範囲の数値を条件に従い順番どおり並べたリストを取得するための関数です。

range()メソッドの使い方

range()メソッドは以下の形式で書くことができます。

range(終了値)

この場合だと0以上終了値未満の整数を1ずつ並べたリストを戻り値として返します。

次に開始の値を0以外の数にしたい場合です。以下の形式で書けます。

range(開始値, 終了値)

この場合だと、開始値以上終了値未満の整数を1ずつ並べたリストを戻り値として返します。

また1ずつではなく別の数値ずつ並べたい場合は以下の形式になります。

range(開始値, 終了値, 間隔値)

この場合だと開始値以上終了値未満の整数をずつ間隔値ずつ並べたリストを戻り値として返します。

開始値と終了値は必ずしも開始値 < 終了値という関係になる必要はなく開始値 > 終了値としてあげることも可能です。

しかしその場合は間隔値にマイナスの値を設定する必要があります。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

range()メソッドを利用して範囲指定してみよう

では実際にrange()メソッドを使ってみましょう

プログラムソースコード1

for i in range(4):
  print(i)

 

表示結果1

0
1
2
3

終了値しか設定していないため0以上4未満の値を1ずつ取得しリストを作成します。

それをfor文で0から順番に取り出し変数iに入れて表示させているため表示結果は0, 1, 2, 3が表示されます。

プログラムソースコード2

for i in range(2, 4):
  print(i)

 

表示結果2

2
3

今度は開始値も設定したため2以上4未満の値を1ずつ取得しリストを作成します。

それをfor文で2から順番に取り出し変数iに入れて表示させているため表示結果は2と3が表示されます。

プログラムソースコード3

for i in range(0, 8 , 3):
  print(i)

 

表示結果3

0
3
6

今度はさらに間隔値も設定したため0以上8未満の値を3ずつ取得しリストを作成します。

それをfor文で0から順番に取り出し変数iに入れて表示させているため表示結果は0と3と6が表示されます。

以上Pythonでrange()メソッドを使って利用方法について解説しました。

監修してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。
TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。