Pythonによるmap関数の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonによるmap関数の利用方法について現役エンジニアが解説しています。map関数を使うと配列の要素全てにアクセスして、処理を適用させることが出来ます。実際にmap関数を使ってリストの要素を小文字から大文字に変えてみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonによるmap関数の利用方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonによるmap関数の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではPythonの関数の1つであるmap関数の利用方法について解説します。

map関数を使うことによりスマートなソースを書くことが可能です。

map関数とは?

map関数は配列のすべての要素にアクセスし、関数を適応させることが可能です。

map関数を使うことによってfor文などの繰り返し処理を使わずともすべての要素にアクセスすることができ、ソースをよりシンプルに書くことが可能です。

map関数の使い方

map関数はPython2系の場合は以下のような形式で書くことができる。

map(関数,  イテラブル)

またPython3系の場合だと

list(map(関数,  イテラブル))

イテラブルとはlistやrange関数のようなfor文のinの後に書けるオブジェクトです。

イテラブルのすべての要素に第1引数で設定した関数を適応させることができます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

map関数を利用してデータ処理してみよう

では実際にmapオブジェクトを利用してデータを処理していきましょう。

以下のプログラムはPython3系でやることを前提に書いています。

プログラムソースコード

def capitalize(word):
  return word.capitalize()

words = ["january", "february", "march", "april", "may", "june"]
print(list(map(capitalize, words)))

 

表示結果

['January', 'February', 'March', 'April', 'May', 'June']

 

解説

map関数を使いlistの中にある英単語の最初の文字を大文字に変える処理です。

1,2行目はmap関数に適応させる関数を定義しています。この関数では、引数として受け取った値の最初の文字を大文字に変えて戻り値として返している関数です。

3行目はmap関数に適応させるイテラブルである配列を定義しています。

4行目でmap関数を使い第1引数に定義した関数を、第2引数に配列を設定することによりlistのすべての要素にcapitalize関数が適応され英単語の最初の文字が大文字に代わりました。

複数行になってしまう処理をmap関数を使うと1行でできるため、覚えておくといろいろな場面で使うことができます。

監修してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。
TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。