PythonでのJSON形式のファイルデータをパースする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでのJSON形式のファイルデータをパースする方法について現役エンジニアが解説しています。JSON形式のデータは、JavaScriptのオブジェクト形式になっているデータのことです。Pythonではjson_loadメソッドで解析することができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PythonでのJSON形式のファイルデータをパースする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでのJSON形式のファイルデータをパースする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

JSON形式のファイルデータとは?

JSON形式のファイルデータは、Javaの中でオブジェクトを記述する”JavaScript Object Notation”のデータ形式にのっとったファイルデータのことです。

あらかじめ決められたデータ形式に則り、データを誰でも簡単に扱うことができるようにするために作られた規格です。

 

JSONファイルの中身は次の様に記述されています。

{
 "sample1":{
  "color": "red" ,
  "number": 1
 },
 "sample2":{
  "color": "blue" ,
  "number": 2
 },
 "sample3":{
  "color": "yellow" ,
  "number": 3
 },
 "sample4":{
  "color": "green" ,
  "number": 4
 }
}

JSONファイルが多層構造のようになっており、このデータの場合は、sample1~sample4の中にさらに細かくいくつかのデータがある形です。こうした決まった形でデータを保存することで、どのようなプログラム、システムであっても、同じようにデータを扱うことが可能となります。

パース(解析)する方法

PythonでJSON形式のデータファイルを扱うには、標準ライブラリであるJSONモジュールを使用します。

また、標準ライブラリであるため、pipコマンド等でインストールする必要はありません。

 

そして、JSONモジュールでJSONファイルを読み込むには2つの方法があるものの、実際はJSONファイルから直接、辞書型に 読み込む方法だけを押さえておけば問題はありません。そして、この場合はjson.load()関数を使います。

読み取りたいファイルを用意し、以下のコードを実行すれば読み込むことが可能です。

import json
with open("ファイル名", 'r') as f:
 json_dict = json.load(f)

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

JSON形式のファイルデータをパースしてみよう

それでは、実際にJSON形式のデータをパースしてみましょう。

以下、JSON形式のデータです。

{
 "sample1":{
  "color": "red" ,
  "number": 1
 },
 "sample2":{
  "color": "blue" ,
  "number": 2
 },
 "sample3":{
  "color": "yellow" ,
  "number": 3
 },
 "sample4":{
  "color": "green" ,
  "number": 4
 }
}

このデータをコピーし、’test.json’というファイル名で保存してみましょう。

 

そして、同じディレクトリで、

with open("test.json", 'r') as f:
 json_dict = jso
import jsonn.load(f)

を実行します。

また、json_dictが読み込めたことを確認するには、

print('json_dict:{}'.format(type(json_dict)))

を実行し、

{'sample1': {'color': 'red', 'number': 1},
 'sample2': {'color': 'blue', 'number': 2},
 'sample3': {'color': 'yellow', 'number': 3},
 'sample4': {'color': 'green', 'number': 4}}

と表示されます。この場合、無事にJSONファイルを辞書型に読み込むことができたといえるでしょう。ちなみに、test.jsonファイルを辞書型にして読み込むことが可能です。

以上、JSONファイルを読み込む方法を解説しました。JSONファイルはデータセットの読み込みなどで必要とされる知識なので、知っておきましょう。

 

執筆してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

PythonでのJSON形式のファイルデータをパースする方法がよく分かりました!

田島悠介

ゆかりちゃん、今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。