Pythonにおける__init__の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおける__init__の利用方法について現役エンジニアが解説しています。Pythonでクラスを使う際には、__init__という、メソッドを使うとコンストラクタを定義することができます。コンストラクタはクラスからインスタンスが生成された場合に最初に実行されるメソッドです。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおける__init__の利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

この記事では、Pythonのクラスを使う際に必要な__init__メソッドについて解説します。

クラスを実装するときに重要な知識であるため、ぜひ一度学んでみてください。

目次

 

__init__とは?

__init__について学習する前に、クラスとインスタンスについて触れておきましょう。

オブジェクト指向プログラミングには、クラスとインスタンスという概念があります。

クラスは設計図のようなもので、インスタンスは実体です。

クラス定義とインスタンスの関係は、よく「金型とクッキー」に例えられます。

一つの金型、すなわちクラスから、1枚1枚別のクッキー、すなわちインスタンスを作成します。

そして、Pythonでこのクラスを使う際には、__init__メソッドを使う必要があります。

__init__メソッドはコンストラクタと呼ばれており、このメソッドで、インスタンスの初期設定を行います。

__init__メソッドを使うことによって、抽象的なさまざまなクラスを実体化して使えるようになります。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

__init__の使い方

では、__init__の使い方について解説をみていきましょう。

__init__は、クラスを「インスタンス化」する際に必要なメソッドです。

「インスタンス化」は、抽象的なクラスという概念に個性を与えて具体化することです。

 

例えば、「人」という抽象的なクラスに、名前を指定することで個性を与えます。

この「名前を指定して人を生成する」ことがインスタンス化に当たります。

Pythonにおけるインスタンス化は、__init__メソッドで行われなければなりません。

 

実際にコードを書くときには、以下のように書きます。

class クラス名:

def __init__(self,  他の引数):

selfはそれぞれのインスタンスを表すものであるものの、そこまで深く考えなくても問題ありません。

決まり文句と理解してしまいましょう。

 

__init__を利用してインスタンス化してみよう

ここでは、実際に__init__を使ってインスタンス化を実践してみます。

Personと名付けたクラスを作り、名前を引数に渡してインスタンス化することで個性を与えるコードです。

 

クラスの実装

class Person(): #クラス名
    def __init__(self, name): #インスタンス化メソッド
        self.myname = name #名前をつける
    def hello(self):
        print("Hello! I am {}.".format(self.myname))

上記のクラスでは、「self.myname  =  name」で引数として受け取った値「name」をインスタンス変数 「myname」へ代入することにより、インスタンス作成時の初期処理として定義しています。

クラスを実装したので、次はインスタンス化を行っていきましょう。

 

インスタンスの作成と実行

Peter = Person('Peter')

初期化時に「Peter」という値をインスタンスに渡しております。

 

これでインスタンス化が完了したため、hello()メソッドを使用し確認してみましょう。

Peter.hello()

上記を実行した場合、Hello! I am Peter.と表示されるのでPeterという人のインスタンス化に成功しています。

 

もう1人、「Mary」という値をインスタンスに渡してみましょう。

Mary = Person('Mary')
Mary.hello()

 

実行すると、Hello! I am Mary.と表示されるでしょう。

これで、PersonというクラスからPeterとMaryという2人分のインスタンス化を行うことができました。

 

まとめ

今回はPythonにおける__init__の利用方法について紹介しました。

プログラミング初心者の間は、クラスを自分で作る機会が少ないと思いますが、インターネットなどで他の人が書いたコードを確認したりする時に、__init__メソッドがどういった役割を果たしているのかを知ることによって理解力が高まります。

__init__メソッドがクラスに実体を与えるインスタンス化を行うときに必要なメソッドです。

クラスを実際に自分で作り、インスタンス化や__init__の理解を深めてみましょう。

 

執筆してくれたメンター

メンターOS

AIプログラミングを使って開発を行う。

プログラミング歴は約3年でPythonはわりと得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

Pythonにおける__init__の利用方法が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を完全オンラインでしっかり習得できます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!