Pythonにおけるabsolute()の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるabsolute()の利用方法について現役エンジニアが解説しています。absolute()関数を使うと、絶対値を求めることができます。PythonのNumpyライブラリに組み込まれている関数で、absとして省略名で書くことも可能です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおけるabsolute()の利用方法について、TechAcademyの現役エンジニアが実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおけるabsolute()の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

absolute()とは?

absolute()関数とは、PythonのNumpyライブラリに組み込まれている関数で絶対値を計算するために使われる関数です。

絶対値は数値の大きさのことです。

数値の大きさは、0からの距離のことを指します。

 

absolute()の使い方

absolute()関数の使い方をみていきましょう。

使い方はいたってシンプルで、Numpyをインポートして、

import nump as np

np.absolute(数値もしくはnumpy配列)

を実行してください。

 

引数に代入する数値のデータ型によって、返り値のデータ型が変化することには注意が必要です。

 

例えば、

np.absolute(10)

などのように整数であるint型代入した場合、10と返り値はint型として返ってきます。

 

以下のコードでは、引数にfloat型を代入した場合、1.4と返り値はfloat型として返ってくるでしょう。

np.absolute(1.1)

 

Pythonには、

  • int型
  • float型
  • complex型

などの複素数と呼ばれる値を格納する変数も用意されています。

 

complex型は、1 + 1jのように実部(jのついていない方)と虚部(jのついている方)と記述可能です。

absolute()関数は、complex型にも対応していて

np.absolute(1 + 1j)

とすると、1.4142135623730951のようにfloat型が返ってきます。

x = np.array([1, -1, 2.4, 1+1j])

np.absolute(x)

のようにNumpy配列を引数に代入すると、それぞれの要素の絶対値が入ったNumpy配列が次のように返ってくるでしょう。

array([1.        , 1.        , 2.4       , 1.41421356])

返ってくる値の型は、要素のうち最も広い型に合わせて返ってくるため、上の場合はすべてfloat型で帰ってきます。

 

absolute()関数はabs()と略記しても使えるでしょう。

np.abs(数値もしくは配列)

しかし、Pythonに標準で組み込まれている関数にもabs()があるため、同じ使い方をするので注意してください。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

absolute()を利用して絶対値の計算処理をしてみよう

ここでは、実際にabsolute()関数を使ってみましょう。

今回は、-10~10の範囲で乱数を生成して、その絶対値を見てみたいと思います。

 

以下が、実際のコードです。

import random #randomモジュールをインポート

import numpy as np #numpyライブラリをインポート

x = random.uniform(-10, 10) #-10~10の範囲で乱数を生成

print(x) #乱数を表示

y = np.abs(x) #乱数の絶対値を取得

print(y) #乱数の絶対値を表示

実行すると

-0.7333493340695121
0.7333493340695121

と表示され、乱数の生成と絶対値の取得ができたことが確認できます。

 

今回は、Pythonのabsolute()関数の使い方を解説しました。

absolute()関数は、絶対値の計算が必要です。

 

執筆してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。

好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

Pythonにおけるabsolute()の使い方がよくわかりました!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。