JavaScriptでpushを使って配列に要素を追加する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでpushを使って配列に要素を追加する方法について現役エンジニアが解説しています。配列とは、複数の要素をまとめて管理できるデータ構造で、角括弧([])を使って表現します。配列に要素を追加するにはpushメソッドを使用します。配列にはオブジェクトも追加出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaScriptでpushを使って配列に要素を追加する方法について解説します。

実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

また、入門向けのJavaScriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、オンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)の内容をもとにしています。

 

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでpushを使って配列に要素を追加する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

JavaScriptの配列とは

配列とは、複数の要素をまとめて管理できるデータ構造です。角括弧([])の中に要素を定義することで、ひとまとまりのデータになります。

上の説明だけだとわかりにくいので簡単な例を示します。

apple, orange, banana という果物たちをひとまとめにしたいときにはfruitsという配列を作ると、まとめて管理できます。

fruits = ['apple', 'orange', 'banana'];
console.log(fruits);
// => ['apple', 'orange', 'banana']

配列の中の各要素を取得(参照)したいときには、0から始まるインデックス値を使います。

fruits = [
'apple',// 0番目
'orange',// 1番目
'banana'// 2番目
];
// 'apple'が欲しいときは 0 を指定
console.log(fruits[0]);
// => 'apple'
// 'banana'が欲しいときは 2 を指定
console.log(fruits[2]);
// => 'banana'

 

pushとは

push とは配列の末尾(後ろ)に新しい要素を追加するためのメソッドです。

[‘apple’, ‘orange’, ‘banana’] に対して strawberry を追加すると、[‘apple’, ‘orange’, ‘banana’, ‘strawberry’] のようになります。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

JavaScriptでpushを使って配列に要素を追加する方法

pushの使い方は、fruits.push(‘strawberry’) のように 配列.push(要素) とします。

fruits = ['apple', 'orange', 'banana'];
console.log(fruits);
// => ['apple', 'orange', 'banana']
fruits.push('strawberry');
console.log(fruits);
// => ['apple', 'orange', 'banana', 'strawberry']

 

実際に書いてみよう

試験の点数をscoresという配列に追加してみましょう。

// 試験の点数(国語、算数、理科)
const score_kokugo = 80;
const score_sansu = 90;
const score_rika = 70;
// データ無しで配列を定義
let scores = [];
// 点数を追加
scores.push(score_kokugo);
scores.push(score_sansu);
scores.push(score_rika);
// 結果を確認
console.log(scores);
// => [80, 90, 70]

点数(数値)を配列に追加できることが分かりましたね。

続いて、少し改良してどの点数がどの教科なのか分かるようにしてみます。違いは score_xxxx の変数定義をオブジェクト型にしている部分だけです。

// 試験の点数(国語、算数、理科)
const score_kokugo = { subject: 'kokugo', score: 80 };
const score_sansu = { subject: 'sansu', score: 90 };
const score_rika = { subject: 'rika', score: 70 };
// データ無しで配列を定義
let scores = [];
// 点数を追加
scores.push(score_kokugo);
scores.push(score_sansu);
scores.push(score_rika);
// 結果を確認
console.log(scores);
// => [
// { subject: 'kokugo', score: 80 },
// { subject: 'sansu', score: 90 },
// { subject: 'rika', score: 70 }
// ]

オブジェクト型でも追加できることが分かったと思います。

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript、Node.js。おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

また、TechAcademyではJavaScriptを使ってWebサービスを公開できるオンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)を開催しています。

プログラミングの初心者でも受講可能です。Webサイトの表現の幅を広げたいという方はぜひご覧ください。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。