JavaScriptで要素の表示・非表示を切り替える方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで要素の表示・非表示を切り替える方法について現役エンジニアが解説しています。要素を非表示にするにはCSSのdisplayやvisibilityプロパティの値をnoneやhiddenに設定します。JavaScriptで要素を取得して実際に表示・非表示を変更させます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptで要素の表示・非表示を切り替える方法について解説します。

実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

また、入門向けのJavaScriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptで要素の表示・非表示を切り替える方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

JavaScriptで要素の表示・非表示を切り替える方法の種類

JavaScriptで要素の表示・非表示を切り替える方法は2つあります。CSSのdisplayプロパテを変更する方法と、同じくCSSのvisibilityプロパティを変更する方法です。

displayで表示・非表示を切り替える方法

displayプロパティについて

displayプロパティは、要素の表示種別を設定するプロパティです。

表示種別には block, inline, flexなど様々なものがありますが、noneに設定することで要素を非表示にすることができます。
非表示にした要素を表示するには、noneから元の値に戻してあげれば良いです。

display: none; にすると、他の要素の配置位置にも影響が出る点には注意が必要です。

JavaScriptでdisplayを設定

JavaScriptでdisplayプロパティを設定するには、getElementByIdなどで要素を取得した後に、style.displayを使うと良いです。

// 要素を取得
let ele = document.getElementById('target');
// 現在の display プロパティの値を保持
const displayOriginal = ele.style.display;
// none に設定して非表示
ele.style.display = 'none';
// 元に戻して表示
ele.style.display = displayOriginal;

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

visibilityで表示・非表示を切り替える方法

visibilityプロパティについて

visibilityプロパティは、要素の可視性を設定するプロパティです。

visibility: hidden; にすることで、指定した要素が非表示になります。非表示にした要素を表示するには、visibility プロパティそのものを削除したり、visibility: visible; に設定すれば良いです。

visibility という名前からも分かるように、あくまでも「可視性(見えるかどうか)」に関するプロパティなので、他の要素の配置には影響が出ません。

JavaScriptでvisibilityを設定

JavaScriptで visibilityプロパティを設定するには、getElementByIdなどで要素を取得した後に、style.visibilityを使うと良いです。

// 要素を取得
let ele = document.getElementById('target');
// 現在の visibility プロパティの値を保持
const visibilityOriginal = ele.style.visibility;
// hidden に設定して非表示
ele.style.visibility = 'hidden';
// 元に戻して表示
ele.style.visibility = visibilityOriginal;

 

実際に書いてみよう

TechAcademyのページで、試しにヘッダー部分の表示・非表示を切り替えてみましょう。ブラウザはChromeを使っている前提で書いていますので、別のブラウザをお使いの場合は適宜読み替えてください。

F12キーを押してDeveloper toolsを開き、Consoleタブを選択します。まずはヘッダー要素を取得します。

let header = document.querySelector('header');
display による表示・非表示の切り替えを試してみましょう。
const displayOriginal = header.style.display;
// 非表示
header.style.display = 'none';
// 表示
header.style.display = displayOriginal;

ヘッダーメニューの表示切り替えに合わせて、その他の要素が上下にずれるのが分かるかと思います。続いて visibility による表示・非表示の切り替えを試してみましょう。

const visibilityOriginal = header.style.visibility;
// 非表示
header.style.visibility = 'hidden';
// 表示
header.style.visibility = visibilityOriginal;

ヘッダーメニューの表示を切り替えても、その他の要素には影響が出ないことが分かるかと思います。どちらを使うのが適切かは、開発対象によって違ってくるので、要件に合わせて適切に選択しましょう。

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript、Node.js。おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。