JavaでTimestamp型とDate型を変換する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaでTimestamp型とDate型を変換する方法について解説しています。最初に、日時情報を扱うTimestamp型とDate型の違いについて説明します。次にTimestamp型からDate型に変換する方法とDate型からTimestamp型に変換する方法、それぞれの書き方について学習しましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaでTimestamp型とDate型を変換する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaでTimestamp型とDate型を変換する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Timestamp型とは

java.sql.Timestampクラスは、java.util.Dateのラッパークラスです。

データベースと連携した日時情報のやりとりを行う場合に利用します。

ラッパークラスはJavaのクラスが基本型となっているものをオブジェクトとして使えるようにするクラスです。

Timestampに関する詳しい説明はこの記事をご覧ください。

 

Date型とは

java.util.Dateクラスはある特定の日時を保持するためのクラスです。

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

Timestamp型からDate型に変換する方法

TimestampクラスのgetTime()は、1970年1月1日00:00:00 GMTからのミリ秒数をlong型で返します。

そのため、この数値を引数としてDateクラスのインスタンス化を行うことで、Timestamp型からDate型への変換が可能です。

 

Timestamp型からDate型への変換コード例

import java.sql.Timestamp;
import java.util.Date;

public class Sample {

public static void main(String[] args) throws Exception {

// 現在日時を取得
  Timestamp timestamp = new Timestamp(System.currentTimeMillis());

// Timestampオブジェクトの出力
  System.out.println("timestampオブジェクト:" + timestamp);

// Date型へ変換
  Date date = new Date(timestamp.getTime());

// Dateオブジェクトの出力
  System.out.println("Dateオブジェクト:" + date);

  }
}

実行結果

timestampオブジェクト:2019-11-30 00:34:40.039
Dateオブジェクト:Sat Nov 30 00:34:40 JST 2019

となります。(時刻情報は実行のタイミングにより異なります。)

 

Date型からTimestamp型に変換する方法

DateクラスもTimestampクラスと同様にgetTime()メソッドを提供しており、1970年1月1日00:00:00 GMTからのミリ秒数をlong型で得ることが可能です。

この数値を引数としたTimestampクラスのインスタンス化を行うことで、Date型からTimestamp型への変換ができます。

 

Date型からTimestamp型に変換するコード例

以下、コード例です。

import java.sql.Timestamp;
import java.util.Date;

public class Sample {

public static void main(String[] args) throws Exception {

//現在日時を取得
  Date date = new Date();

//Dateオブジェクトの出力
  System.out.println("Dateオブジェクト:" + date);

//Timestamp型へ変換
  Timestamp timestamp = new Timestamp(date.getTime());

//Timestampオブジェクトの出力
  System.out.println("timestampオブジェクト:" + timestamp);

  }
}

実行結果

Dateオブジェクト:Sat Nov 30 00:31:35 JST 2019
timestampオブジェクト:2019-11-30 00:31:35.616

となります。(時刻情報は実行のタイミングにより異なります。)

 

まとめ

Date型とTimestamp型の変換では、それぞれのgetTime()メソッドで1970年1月1日00:00:00 GMTからのミリ秒数を取得し、この数値を引数として変換先クラスのインスタンス化を実施しましょう。

 

執筆してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。

JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

JavaでTimestamp型とDate型を変換する方法がよくわかりました!

田島悠介

Timestamp型とDate型は相互で変換することができるから使い分けていこうね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので参加してみてください。