Pythonにおけるflatten()の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるflatten()の利用方法について現役エンジニアが解説しています。flattenとは、Numpyのメソッドで、n次元のNumpy配列を1次元のNumpy配列に変換することが出来ます。実際に多次元配列を変換してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonにおけるflatten()の利用方法について解説します。これが使えるようになると多次元配列を一次元配列に変換することができます。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおけるflatten()の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

flatten()とは?

flattenとは、n次元のNumpy配列を1次元のNumpy配列に変換するメソッドです。

通常のPythonのリストに対しては、Numpy配列に変換し、flattenをしてから、Numpyのtolistメソッドを使って通常の配列に戻すことで同じことができます。

このメソッドは、よくニューラルネットワークの実装をする際に用います。なお、reshapeメソッドについて知っていれば、reshape(N, )などと1次元に変換する場合と同じ挙動です。

ただ、変換後の要素数を気にする必要がなく、一目で1次元に変換していることがわかるので、flattenメソッドもよく用いられます。

flatten()の使い方

まず、flattenはNumpyライブラリのメソッドであるため、外部ライブラリであるNumpyをインストールする必要があります。ターミナルで以下のコマンドからNumpyライブラリをインストールしましょう。

pip install numpy

そして、プログラム内で使う場合は、importを忘れずに行いましょう。

import numpy as np

flattenメソッドは、Numpy配列のメソッドとして以下のように使われます。

np.ndarray.flatten(order)

ここで、ndarrayはNumpy配列のことで、orderは、”C”, “F”, “A”, “K”などから選べますが、通常このパラメータを指定することはないので、気にする必要はありません。      デフォルトは”C”で、直感的な1次元への変換が実現できます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

flatten()を利用してn次元配列を変換してみよう

それでは実際にflattenメソッドを使ってみましょう。

import numpy as np
# 2次元
list1 = np.array([[1,2], [3,4]])
print(list1.flatten())
# [1, 2, 3, 4]
# 3次元
list2 = np.array([[[1,2], [3,4]],[[5 ,6], [7,8]]])
print(list2.flatten())
# [1 2 3 4 5 6 7 8]

1つ目の例は2次元です。1行目、2行目の順で直感的な方法で1次元へ変換ができていることがわかります。

2つ目の例は3次元です。3次元の場合も1行1列目、1行2列目、2行1列目, …と行った順で直感的な方法で1次元へ変換ができていることがわかります。

引数も特に不要な覚えやすい関数だと思うので、ぜひ実際に使ってみることをおすすめします。

監修してくれたメンター

菊田俊平(きくたしゅんぺい)

AIリサーチャー・AIエンジニア。

大学での研究と、スタートアップ企業でAIの開発を行う。推薦システム、動画の分類API、データプロダクトの開発経験あり。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。