UnityでiPhoneアプリ(iOS)向けにビルドする方法【初心者向け】

Unityで開発したゲームをiPhone(iOS)アプリ向けに【ビルドする方法】を初心者向けに解説した記事です。ただ開発しただけでは、iPhoneアプリとしてリリースできませんので、一連の流れを覚えるようにしましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Unityで開発したゲームをiPhone(iOS)アプリとして公開する場合は、ビルドという作業を行う必要があります。ちなみに、Androidアプリも同様にビルドする必要があります。

そこで、今回は初心者の方を対象にiPhoneアプリ向けにビルドする方法を紹介します。

 

なお、本記事はTechAcademyのUnity入門オンライン講座の内容をもとにしています。

 

20163020-2

 

今回はiOS向けにビルドする方法を練習するよ。

 

20160620

 

田島メンター!!iOSにビルドするときはどの機能を使うんですか〜?

 

20163020-2

 

最初の手順はAndroidのときと同じく「Build Settings」から始まるよ。その後Xcodeで動作確認などを行うんだ。早速やってみよう。

 

20160620

 

分かりました!

 

 

目次

本記事では下記の流れで説明していきます。

 

 

事前準備

まずはUnityで開発したゲームのファイルの準備が必要です。

今回は、このような迷路ゲームを例にして紹介します。iPhone用にJoyStickも用意しています。

UnityScreenSnapz0012

また、iPhoneアプリにビルドする場合は、AppleのiOSデベロッパプログラムに登録している必要があります。有料ですが必ず登録するようにしましょう。

準備ができたら実際の作業に入っていきます。

 

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Unity側での作業

まずUnityのビルドターゲットを変更する必要があります。

[File]→[Build Settings…]を選択して画面を表示させます。

UnityScreenSnapz0022

「Scenes in Build」に何も表示されていない場合は「Add Current」ボタンをクリックして、現在のシーンを追加します。他にも必要なシーンがあれば随時追加してください。

 

ここで、「Platform」の欄にiOSがあるので、選択して「Switch Platform」をクリックしてください。この処理には多少時間がかかりますが、完了するとiOSの横にUnityのアイコンが表示されます。

UnityScreenSnapz0031

 

次に、Player Settingsを設定します。Build Settings画面に「Player Settings…」ボタンをクリックして、Inspectorビューに情報を表示させます。

UnityScreenSnapz0041

 

最初に「Resolution and Presentation」を選択して、iPhoneでの画面の向きを決めます。

今回はLandscape Leftを選択してみます(縦のゲームの場合はPortlaitのままで結構です)。その他の項目はデフォルトのままで問題ありません。

UnityScreenSnapz005

Xcodeでアイコンやスプラッシュスクリーンを編集できますが、Unityでも設定可能です。すでに準備ができている場合は「Icon」や「Splash Image」で設定してください。

 

次に「Other Settings」ですが、少しややこしいのでご注意ください。

UnityScreenSnapz0061

まず最初に設定するのが「Bundle Identifier」です。

既にiOSアプリをリリースしたことがあればわかる思いますが、この内容はiOS Developer PortalのIdentifiresで設定するApp ID及びBundle IDと一致している必要があります。ですので、先にiOS Developer PortalでApp IDの設定をしておく方が良いでしょう。

また、ゲームの途中でHomeボタンが押された場合は、ゲームは即時に終了せずにバックグラウンドで待機状態になります。そのため、ゲームをしようと思ってアイコンをタップして起動すると、先ほどの続きからになってしまいます。

これを避けるには「Exit on Suspend」にチェックを入れます。もちろん、マルチタスキング環境でバックグラウンドで待機させたい場合にはチェックを入れないでください。

 

下段にあるOptimizationですが、「SDK Version」は最初に「Simulator SDK」にしてください。こう設定しないとシミュレーターで動作せることができません。Target iOS Versionですが、現在は6.0までしか選べませんので6.0に設定します。

UnityScreenSnapz0061-1

 

ここで再びBuild Settings画面に戻り「Build」ボタンをクリックします。

プロジェクトの保存先と名称を指定するダイアログが表示されますので、設定して保存してください。

UnityScreenSnapz008

 

この処理には少々時間がかかりますが、完了するとプログレスバーが消えて、指定した場所にXcodeのプロジェクトフォルダが作成されます。その中にある拡張子が「.xcodeproj」のファイルがXcodeのプロジェクトファイルです。

FinderScreenSnapz001

これでUnity側での作業は完了です。

 

20163020-2

 

エラーが出る場合はPlayer Settingsの各項目などを確認しよう。また、この手順には少し時間がかかるよ。

 

20160620

 

ビルドが完了して、何だかたくさんファイルの入ったフォルダが作成されましたね。

 

20163020-2

 

次はXcodeでの作業になるよ。作成されたフォルダの中から拡張子「.xcodeproj」のファイルを開いてみよう。

 

 

Xcodeでビルド

続いて、Xcodeで作業を行います。

先ほど保存した「.xcodeproj」のファイルをダブルクリックしてXcodeを起動してください。

 

ここで、ターゲットとなるシミュレーターを選択します。

特に大事なのは、3.5-inchと4-inchで確認することです。なぜなら、App Storeへ提出するには、両方の画面のスクリーンショットが必要だからです。

XcodeScreenSnapz002

 

ターゲットを設定したら「cmd+R」のXcodeのショートカットで実行してみてください。これでXcodeのシミュレーターが起動します。JoyStickもマウスで動かせますので、動作確認を行ってください。

シミュレーター

 

最後に実機で確認を行います。

再びUnityに戻り、Player SettiingでSDK VersionをDevice SDKに変更してBuildします。この時、シミュレーター用にビルドしたのとは違う名前で保存してください。

保存が終わったら、実機用のビルドをXcodeで開き、ターゲットとして実機を選択してください。

XcodeScreenSnapz003

 

ターゲットの設定が終わったら、先ほどと同じく「cmd+R」で実行して実機で動作確認を行ってください。

 

今回の記事は以上です。

Androidアプリもリリースしたい場合は、Unityで作成したゲームをAndroidアプリ向けにビルドする方法の記事も合わせてご覧ください。

 

20163020-2

 

以上でiOSへのビルドは完了だよ。

 

20160620

 

Androidのときとは少し手順が違うんですね。

 

20163020-2

 

これもバージョンによって細かい部分が変わってくるので、常に最新の情報を見ておこう。Unityをインストールしたらまずこのビルドの手順を確認しておくといいかもしれないね。

 

20160620

 

そうですね。ありがとうございます!

 

[お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。