Ruby on Railsのgroupの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsのgroupの使い方について現役エンジニアが解説しています。groupはカテゴリ毎に集計したい時に使用します。その場合、SQL文のgroup byと同じ意味になり、Railsではモデル名続いてgroupメソッドを書き、グループ化したいカラムを引数に設定可能です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Ruby on Railsのgroupの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をみてみましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsのgroupの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

railsのgroupとは

groupはカテゴリ毎に集計したい時に使用するメソッドです。

例えば、登録ユーザーで男女各何人が登録したのか調べる時に役に立ちます。

男: 25人
女: 30人

このように統計データとして取得したい場合によく使用されます。

railsのgroupのコード例

今、下記のような形で会員(accounts)テーブルがあります。

そして、テーブルに紐づくモデルはAccountモデルとしましょう。

+----+--------+------+---------------------+---------------------+
| id | name | sex | created_at | updated_at |
+----+--------+------+---------------------+---------------------+
| 1 | 松坂 | 男 | 2019-11-24 12:26:12 | 2019-11-24 12:26:12 |
| 2 | 福山 | 男 | 2019-11-24 12:26:41 | 2019-11-24 12:26:41 |
| 3 | 小栗 | 男 | 2019-11-24 12:28:38 | 2019-11-24 12:28:38 |
| 4 | 深田 | 女 | 2019-11-24 12:29:01 | 2019-11-24 12:29:01 |
| 5 | 篠田 | 女 | 2019-11-24 12:29:28 | 2019-11-24 12:29:28 |
| 6 | 橋下 | 女 | 2019-11-24 12:29:46 | 2019-11-24 12:29:46 |
| 7 | 伊藤 | 女 | 2019-11-24 12:30:09 | 2019-11-24 12:30:09 |
+----+--------+------+---------------------+---------------------+

性別毎に人数をカウントしたい場合は、下記のコードは使用できません。

Account.group(:sex)

groupメソッドは単体では使えないといえます。

この例の場合はこのように表示してください。

Account.group(:sex).count

countに限らず色々使えます。

今回はcountだけで問題ありません。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に使用できるコード例

rails console`とターミナルに打ってrailsコンソールを開いてください。

そして、以下のコードを使用すると男女の数がわかります。

irb(main):003:0> Account.group(:sex).count
(3.2ms) SELECT COUNT(*) AS count_all, `accounts`.`sex` AS accounts_sex FROM `accounts` GROUP BY `accounts`.`sex`
=> {"女"=>4, "男"=>3}

 

もしgroupメソッドがなかったら

groupメソッドがない場合の書き方を知りましょう。

以下のコードはgroupメソッドを使用した時と同じ結果となります。

irb(main):010:0> Account.all.group_by{ |account| account.sex }.each_with_object({}) { |(sex, data), result| result[sex] = data.size }
Account Load (0.6ms) SELECT `accounts`.* FROM `accounts`
=> {"男"=>3, "女"=>4}

 コードの解説

  1. 取ってきたレコードをsexで分類します (Account.all.group_by{ |account| account.sex })
  2. レコードの数だけ知りたいのでその数を数えます(.each_with_object({}) { |(sex, data), result| result[sex] = data.size })

対して、groupメソッドを使用した場合は

Account.group(:sex).count

のみで簡潔するため、積極的に活用していきましょう。

執筆してくれたメンター

メンター福田さん

2017年よりWEBエンジニアとして活動開始。

仕事を便利にするためのツールなどを作成する事が大好き。

作れるもの: gem・npm・chrome拡張など

書ける言語: Ruby・JavaScript・Go・ShellScript・TypeScript・node.js・ES6・CoffeeScriptなど

経験があるフレームワーク: Vue.js ・Ruby on Railsなど

 

田島悠介

Ruby on Railsのgroupの使い方はよくわかったかい?

大石ゆかり

はい、解説も分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているのでぜひ参加してみてください。