iPhone(iOS)アプリを実機でテストする方法【初心者向け】

iPhone(iOS)アプリを【実機でテストする方法】を初心者向けに解説した記事です。実機でテストするには、「Provisioning Profile」が必要になりますので、それに伴うApp IDの登録から紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Xcodeを使ってiPhoneアプリを開発して、シミュレーターでの確認が完了したら、実機でもテストしてみましょう。

今回は、初心者向けにiPhoneアプリを実機でテスト(デバッグ)する方法を解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

目次

本記事では下記の流れで紹介します。

Xcodeで作業をする前の準備が必要ですので、ご注意ください。

 

 

App IDの登録

Xcodeを使って作成したアプリを実機で動作させるには、「Provisioning Profile」が必要です。こちらの登録は有料のため、無料で行うことはできません。

Provisioning Profileの作成にはApp IDが必要ですので、まずはApp IDから作成します。

Developer PortalのMember Centerにアクセスします。

(※アカウントが必要です)

SafariScreenSnapz001

 

そこでCertificatesにあるIdentifiers & Profilesをクリックし、さらに表示された画面でiOS AppsのIdentifiersをクリックします。

Certificates

 

App IDの画面に遷移します。

App IDの画面

 

ここで新規アプリケーションを登録するので、右上にある「+」ボタンをクリックします。

すると、iOS App IDの登録画面に遷移するので、App ID Descriptionにアプリの名称、App ID SuffixではExplicit App IDを選択して、Bundle IDを決めます。

Bundle IDは通常は自己所有のドメインを後から記述し、最後にApp ID Descriptionで指定したアプリ名を記述するのが通例です。例えばcom.domain.SampleAppの様な形式です。

SafariScreenSnapz004

 

 

App ServicesではiCloud等アプリで使うであろう機能にチェックを入れて、Continueをクリックします。

App Services

 

 

確認画面が表示されますので、内容に間違いがなければSubmitをクリックして、登録は完了です。

 

 

[PR] iPhoneアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

開発用Provisioning Profileの作成

続いて同じ画面の左カラムにあるProvisioning Profilesセクションの「Development」をクリックします。現在登録してある開発用のProvisioning Profilesの一覧が表示されるので、右上の「+」をクリックして新規作成をします。

Development

 

表示された画面で「iOS App Development」にチェックを入れて「Continue」をクリックします。

Development2

次の画面で、先ほど作成したApp IDを選択して「Continue」をクリックします。

 

開発者用のcertificatesが表示されますので、チェックを入れて「Continue」をクリックしてください。

SafariScreenSnapz012

 

次に自分が開発に利用する端末にチェックを入れて「Continue」をクリックします。

SafariScreenSnapz014

 

Provisioning Profileの名前を決めます。一意な名前であれば問題ありませんが、今回はわかりやすいように「App ID_dev」としました。

SafariScreenSnapz016

Provisioning Fileが完成したら「Download」をクリックします。これでファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックでXcodeに取り込みます。

 

 

Xcodeでの作業

最後にXcodeでの作業です。

まずは新規プロジェクトを作成します。アプリケーションの種類を決めたらプロジェクトの設定を行います。ここで、Product NameにはApp IDで決めた名前を、Company IdentifierにはBundle Identifierで入れたcom.domainまでを入力してください。

なお、BUndle Identifierは後から変更できまが、Product Nameは修正できないので間違えないようにご注意ください。

XcodeScreenSnapz001

次にプロジェクトの保存先を決めるダイアログが開きますので、保存先を決めて「Create」をクリックします。

 

ここで注目したいのは「Bundle Identifier」の部分です。Company Identifierは黒文字で表示されていて変更可能ですが、App IDはグレイの文字で変更できないことがわかるはずです。

XcodeScreenSnapz004

次にTeamを指定します。通常はDeveloper CenterでTeamは自動的に作成されていますので、それを選択します。

 

続いてBuild SettingsタブのCode Signingに移動します。最初は何も設定されていません。

Provisoning Profileの欄で、先ほど読み込んだProvisioning Profileを選択し、Code Signing Identitityで自分のDeveloper Profileを選択します。

XcodeScreenSnapz007

 

これで全ての準備が整いました。

Xcodeの左上にあるSampleAppと書かれた右側をクリックすると、利用可能な端末とシミュレーターの一覧が表示されます。ここから、Development用のProvisioning Profileを作成した時に指定した端末を選択して、「cmd+R」のショートカットキー実行すると実機でアプリを起動させることができます。

XcodeScreenSnapz008

 

 

いかがでしたか?

実機でも確認できたら、iPhoneアプリをリリースしてみてください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。