JavaScriptで要素のidを設定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで要素のidを設定する方法について現役エンジニアが解説しています。idはHTMLの要素(タグ)に設定できる属性で、CSSやJavaScriptで処理をする際の目印です。JavaScriptやjQueryで要素のid属性を取得したり設定してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptで要素のidを設定する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptで要素のidを設定する方法について詳しく説明していくね!

お願いします!

 

idとは

idとは、HTMLで何らかの処理をする際の目印となる属性です。

JavaScriptに直接IDを設定するわけではなく、HTMLなどでidを要素の属性として指定します。

そして、HTMLで設定したidをJavaScriptで取得することが可能です。

idは同一のページでは1つしか使えません。

また、スタイルシート(CSS)に定義されたスタイルを適用したり、ページ内リンクとして利用することができます。

下記がコード例です。

<div id="title">This id title</div>
<!-- ページ内リンク -->
<a href="#title">タイトルへ移動</a>
 
/* スタイルの適用 */
#title {
  font-size:16px;
}

 

JavaScriptで要素のidを取得する方法

querySelectorメソッドなどで要素を取得後に、idプロパティやgetAttributeメソッドを使って取得できます。

 

// <div id="title"> がターゲット
let element = document.querySelector('div');
console.log(element.id);
// => 'title'
console.log(element.getAttribute('id'));
// => 'title'

jQueryの場合にはattrpropを使います。

// <div id="title"> がターゲット
let element = $('div');
console.log(element.attr('id'));
// => 'title'

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

JavaScriptで要素のidを設定する方法

querySelectorなどで要素を取得後に、idプロパティやsetAttributeメソッドを使って設定可能です。

 

// <div id="title"> がターゲット
let element = document.querySelector('div');
element.id = 'new-title'
// ↑ <div id="new-title"> となる
element.setAttribute('id', 'sub-title');
// ↑ <div id="sub-title"> となる

idそのものを削除したい場合には、removeAttributeを使いましょう。

element.removeAttribute('id');
// ↑ <div> となる

jQueryの場合にはattrpropを使います。

// <div id="title"> がターゲット
let element = $('div');
element.attr('id', 'new-title');
// ↑ <div id="new-title"> となる

jQueryでidを削除したい場合はremoveAttrを使用してください。

element.removeAttr('id');
// ↑ <div> となる

 

実際に書いてみよう

以下のHTML要素に対して、class属性値の操作を試してみましょう。

<h1 id="title" class="title">Title</h1>

まずは、idを取得してみます。

let h1 = document.querySelector('h1.title');
console.log(h1.id);
// => 'title'

次は、id を書き換えてみましょう。

h1.id = 'sub-title';
console.log(h1.id);
// => 'sub-title'

そして、idを削除します。

h1.removeAttribute('id');
console.log(h1.id);
// => ''

 

執筆してくれたメンター

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。

大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript、Node.js。

おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

JavaScriptで要素のidを設定する方法が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。