JavaScriptの変数のスコープについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptの変数のスコープについて現役エンジニアが解説しています。スコープとは変数の有効範囲のことです。有効範囲にはグローバルスコープ、関数スコープ、ブロックスコープがあります。変数の有効範囲が広いと誤って書き換えてしまう場合があります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptの変数のスコープについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptの変数のスコープについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

スコープとは

スコープとは「変数の有効範囲」のことを指します。JavaScriptの変数のスコープには以下の3種類があります。

 

グローバルスコープ

プログラム全体からアクセスできる変数のことです。

単にJavaScriptのソースコードで変数を定義するとグローバルスコープになります。グローバルスコープの変数はプログラム全体からアクセスできてしまうため、誤って更新したり、他のスコープの変数と名前が重複してしまうなどのリスクがあります。

グローバルスコープの変数の利用は必要最小限にするようにしましょう

 

関数スコープ

関数の中で定義した変数は、その関数の中だけでしか使えません。引数も同様です。一般的によく使われるスコープです。

const func1 = () => {
  // 関数の中で定義した変数
  const val1 = "val";
}

// 関数の外はスコープの範囲外なのでval1は参照できない
console.log(val1);

 

ブロックスコープ

if文やfor文などの {…} の中で定義する変数です。{…} のことをブロックと呼びます。

一時的に計算結果を保存するなどの目的で使用することが多いでしょう。

if (...) {
  const val1 = "val";
}

// ブロックの外はスコープの範囲外なのでval1は参照できない
console.log(val1);

 

名前空間とスコープの違い

クラス定義を持つ他のプログラミング言語、PythonやJava、C#などには、クラスや関数などを階層構造で管理できる「名前空間」という仕組みが存在します。名前空間とスコープは別物で、JavaScriptには名前空間はありません。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

変数を定義する際の注意点

JavaScriptで変数を定義する際の注意点としては以下のようなものがあります。

  • 変数のスコープは必要最小限にする:なるべくグローバルスコープは使わず、関数スコープやブロックスコープを使うようにしましょう。
  • 値を変更しない変数は「const」で定義する:値を変更するかどうかはプログラムを書く時点で分かっているはずです。不用意な更新をさけるためletやvarを使わずconstで定義するようにしましょう。

 

実際に書いてみよう

今回のサンプルプログラムでは、それぞれのスコープについて確認します。実行結果はブラウザのコンソールに表示されます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>sample</title>
</head>
<body>
  <script language="javascript" type="text/javascript">
    const global_val1 = "グローバルスコープの値";

    const func1 = () => {
      const func_val1 = "関数スコープの値";
      console.log(`関数func1:func_val1=${func_val1}`);
    }

    {
      const block_val1 = "ブロックスコープの値";
    }

    // 関数の呼び出し
    func1();

    console.log(`グローバル:global_val1=${global_val1}`);
    console.log(`グローバル:func_val1=${func_val1}`);
    console.log(`グローバル:block_val1=${block_val1}`);

  </script>
</body>
</html>

実行結果は以下のようになります。

関数の呼び出しとグローバルスコープの変数の出力は成功していますが、グローバルスコープで関数スコープの変数を使用しようとした際エラーとなることが確認できます。

関数func1:func_val1=関数スコープの値
グローバル:global_val1=グローバルスコープの値
Uncaught ReferenceError: func_val1 is not defined at index.html:24

 

筆者プロフィール

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。