初心者向け!CarotDAVの使い方【FTPソフト】

【CarotDAV】の使い方をこれから使い始める、初心者向けに解説した記事です。インストール方法から、ファイルのアップロード方法まで、基礎的な内容はこの記事だけで抑えることができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Webページを公開する際などに使用するのがFTPクライアントソフトですが、今回はその一つであるCarotDAVの使い方を紹介します。

 

インストール方法から説明していきますので、今まで使用したことがないという方もこれを参考に使ってみてはいかがでしょうか。国内のツールですので、設定しなくても日本語で使うことができます。

 

CarotDAVのインストール

まずはインストールを行います。

CarotDAVのページにアクセスしましょう。

0

最初に環境や動作環境に関しての説明があり、ダウンロードをする箇所はその下になります。ダウンロードをクリックすれば一気にそこへと飛ぶことができます。

 

インストール版とインストールしなくても使用できるポータブル版がありますが、今回はインストール版を使用します(バージョンが色々とありますが、基本的には最新版を使用すれば問題ありません)。

1

インストールが完了しましたら、すぐに使用することができます。

CarotDAVを起動すると、メニューなどが英語ですが、普通に使用する分には問題ないと思います。

 

 

CarotDAVの使い方

まず、左上の「File」をクリックし、次に「New Connection」へとカーソルを合わせます。

今回はFTPへ接続しますので、その中の「FTP/FTPS」をクリックします。

003

 

接続の設定画面が表示されます。

004

ここでは、下記のように各項目を入力します。

  • Setting Name:任意の名前を付けます。今回は「test」とします。
  • URI (ftp|ftps)://hostname[:port]/[path/]FTPサーバ名(FTPホスト名)を入力します。
  • Username [domain\]usernameFTPユーザー名(FTPアカウント名)を入力します。
  • PasswordFTPパスワードを入力します。

入力できたら「OK」をクリックしましょう。

 

入力した内容はこのように追加されていますので、名前のところをダブルクリックします。

005

 

サーバー側のファイルが表示されます(FFFTP等と違い、ローカル側のファイルは表示されません)。

006

 

メニューの「Edit」を選択し、「Upload」をクリックします。

007

 

ダイアログが表示されるので、アップロードしたいファイルを選び「開く」をクリックします。

008

 

また、デスクトップ等からファイルを直接ドラッグ&ドロップでアップロードすることも可能です。

009

これでCarotDAVの使い方は以上です。

 

他の無料FTPクライアントソフトを使いたい場合は、WinSCPの使い方の記事も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。