JavaScriptの比較演算子の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptの比較演算子の使い方について現役エンジニアが解説しています。比較演算子は左辺と右辺の比較を行い、結果をtrueまたはfalseで返す演算子です。条件式などで使われるので、比較演算子の書き方を覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptの比較演算子の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptの比較演算子の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

比較演算子とは

左辺と右辺の比較を行い、結果を”true”または”false”で返してくれるものです。プログラム内の条件式などで利用されます。
 

比較演算子の種類

一般的にには下記の種類のものが使用されます。

  • 左辺より右辺の方が大きいか?         ”<"
  • 左辺より右辺の方が大きい、または同じか?   ”<="
  • 左辺が右辺より方が大きいか?         ”>”
  • 左辺が右辺より方が大きい、または同じか?   ”>=”
  • 左辺と右辺が同じか?             ”==”
  • 左辺と右辺が型も含めて同じか?        ”===”

※これらに否定の”!”を付けると、反対の意味になります
 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

比較演算子の使い方

基本的には、if文なのどの条件式で利用します。
 

if( 3 < 4) {
console.log( true );
}
if( 3 <= 3) {
console.log( true );
}
if( 4 > 3) {
console.log( true );
}
if( 3 >= 3) {
console.log( true );
}
if( 3 == 3) {
console.log( true );
}
if( "3" === "3" ) {
console.log( true );
}

 

「==」と「===」の違い

「==」は値の比較を行い、「===」は型を含めての比較になります。

値はともに「3」であるので、”true”が表示
 

if( 3 == "3" ) {

console.log( true );

}else{

console.log( false );

}

 
値はともに「3」であるが、数値型と文字列型で違うため、”false”が表示されます。
 

if( 3 === "3") {

console.log( true );

}else{

console.log( false );

}

 

筆者プロフィール

この記事を監修してくれた方

小宮山晃史(こみやまこうじ)
現在はOracle系システムの導入コンサルに勤め、仕事でコーディングをする機会は少なくなくなっているが、ライフワークで数多くの言語を勉強中。

iphoneのアプリ開発やWEBサーバの構築など幅広く挑戦しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。