Javaのsplitの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのsplitの使い方について解説しています。splitメソッドは文字列を指定の文字列で分割して配列として格納します。データの取得や処理でよく使うメソッドなのでぜひ覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaのsplitの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

splitの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

splitとは

splitメソッドとは文字列を分割し、分割した文字列を配列として格納してくれるメソッドです。

splitメソッドの書き方は以下の形式です。

 

文字列.split(区切りたい文字列,  分割回数);

 

区切りたい文字列には正規表現を設定することができます。

また、分割回数の数値によって空白文字の削除などにも使うことが可能です。

 

spilitの役割

splitの役割について、さらに具体的な例も交えて紹介していきます。

文字列を分割する

文字列を特定の文字で分割することができます。

以下がサンプルコードです。

プログラムソースコード

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    String str = "white,green,blue,red";
    String[] colors = str.split(",");
    
    for (int i = 0; i < colors.length; i++) {
      System.out.println(colors[i]);
    }
  }
}

表示結果

white
green
blue
red

 

文字列「white,green,blue,red」を「,」ごとで分割し、配列colorsに格納しました。

 

分割回数を指定できる

splitメソッドの第2引数に1以上の整数を設定することで分割数を制御することが可能です。

以下がサンプルコードとなります。

プログラムソースコード

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    String str = "white,green,blue,red,,";
    String[] colors = str.split(",", 3);
 
    for (int i = 0; i < colors.length; i++) {
      System.out.println(colors[i]);
    }
  }
}

表示結果

white
green
blue,red

 

末尾の空白文字の要素を除外できる

第2引数が0だった場合、もしくは何も設定しない場合は末尾の空文字を削除できます。

もし、削除したくない場合は-1などマイナスの値を設定すると可能です。

プログラムソースコード

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    String str = "white,green,blue,red,,";
    String[] colors = str.split(",", 0);
 
    System.out.println("第二引数が0の場合");
    for (int i = 0; i < colors.length; i++) {
      System.out.println(i + ":" + colors[i]);
    }

    colors = str.split(",", -1);
    System.out.println("第二引数が-1の場合");
    for (int i = 0; i < colors.length; i++) {
      System.out.println(i + ":" + colors[i]);
    }
  } 
}

表示結果

第二引数が0の場合
0:white
1:green
2:blue
3:red

第二引数が-1の場合
0:white
1:green
2:blue
3:red
4:
5:

 

間の空白文字を除外できる

間の空文字を削除したいときは正規表現を使うことで削除することが可能です。

 

プログラムソースコード

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    String str = "white  ,green  ,blue,red";
    String[] colors = str.split("[\\s]*,[\\s]*");
    
    for (int i = 0; i < colors.length; i++) {
      System.out.println(colors[i]);
    }
  }
}

表示結果

white
green
blue
red

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

まとめ

今回はsplitメソッドの使い方について解説しました。

splitメソッドは文字列を使う際によく使うため、参考にしてみましょう。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaのsplitの使い方がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。