Javaで入力された数値を足し算するプログラムを作成する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaで入力された数値を足し算するプログラムを作成する方法について解説しています。基本のステップとしてはコマンドラインで入力された値を取得し、計算を行い、その結果を表示します。それぞれの手順についての書き方と、実行したときの処理の流れをサンプルコードで確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaで入力された数値を足し算するプログラムを作成する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

入力された数値を足し算するプログラムを作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

入力された数値を足し算するプログラムを作成する方法

入力された数値を足し算するプログラムの作成に必要な要素は以下のようになります。

  1. 入力された数値を取得するプログラム
  2. 数値を足し算するプログラム
  3. 計算結果を表示するプログラム

ここでは、1番目に挙げた「入力された数値を取得するプログラム」をメインに触れていきます。

 

入力された数値を取得する方法

Javaを使って入力された数値を取得するためには、標準で実装されているScannerクラスというものを使用しましょう。

Scannerクラスは構文解析をするためのメソッドです。

実用上は、Scannerクラスについて深く理解しておく必要はありません。

Scannerクラスを使用する場合、import文に加えて、プログラムコードの先頭ではScannerクラスを読み込んでおきましょう。

import java.util.Scanner;         //←この部分がimport文
class Test {
        public static void main(String args[]) {

                ~処理内容~

        }

}

そして、処理内容には、

Scanner scanner = new Scanner(System.in);        //Scannerクラスを初期化

int num = scanner.nextInt();          //入力を受け取る部分

を記述する場合、コマンドラインから入力した内容を受け取ることが可能です。

 

小数を扱うために浮動小数点数を受け取りたい場合には、nextInt()の代わりに、nextDouble()を使うことで受け取ることが可能です。

scanner.close();

を実行して、入力を終了しましょう。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

数値を足し算する方法

数値の足し算のためには、複数の数値を入力から受け取る必要があります。

 

そのためには、単純にscanner.nextInt()を2回使いましょう。

int num1 = scanner.nextInt();

int num2 = scanner.nextInt();

として、入力の際にはスペースを入れればOKです。

あとは、受け取った数字を足し算するため、

sum = num1 + num2;

を実行しましょう。

 

実際に書いてみよう

以下がコード例になります。

import java.util.Scanner;         //Scannerクラスを使うためのimport文
class Test {
        public static void main(String args[]) {

                Scanner scanner = new Scanner(System.in);        //Scannerクラスを初期化

                int num1 = scanner.nextInt();          //入力を受け取る部分1

                int num2 = scanner.nextInt();          //入力を受け取る部分2

                int sum = num1 + num2;

                System.out.println(num1 + "+" + num2 + "=" +  sum)

                scanner.close();

        }

}

基本的には、上述のコードで十分です。

しかし、このままコードを実行するといつ入力をしていいのかわかりにくいため、次のように記述しましょう。

import java.util.Scanner;
class Test2 {
        public static void main(String args[]) {
                 Scanner scanner = new Scanner(System.in);
                 System.out.print("1つ目の数字を入力してください: ");
                 int num1 = scanner.nextInt();
                 System.out.print("2つ目の数字を入力してください: ");
                 int num2 = scanner.nextInt();
                 int sum = num1 + num2;
                 System.out.println(num1 + " + " + num2 + " = " + sum);
                 scanner.close();

        }

}

nextInt()の代わりにnextDouble()なども使ってみるとより理解が深まるため、チャレンジしてみてください。

 

まとめ

以上をまとめると、ポイントとしては、

  • Javaを使って入力された数値を取得するためにはScannerクラスを使う
  • Scannerクラスを使うには、次のようにimport文で読み込んでおく
    import java.util.Scanner;
  • 入力を受け取るには、下記の3つの文を書く
    Scanner scanner = new Scanner(System.in);        //Scannerクラスを初期化
    int num = scanner.nextInt();          //入力を受け取る部分
    scanner.close();        //入力を終了

でした。

コマンドラインから入力した値を受け取る方法は、覚えておくことでJavaで作成するプログラムの幅が広がるでしょう。

 

執筆してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年。

Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。

好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

Javaで入力された数値を足し算するプログラムを作成する方法がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。