PythonでローカルPC環境にWeb Serverを立ち上げる方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでローカルPC環境にWeb Serverを立ち上げる方法について現役エンジニアが解説しています。Web Serverとは、ブラウザからのリクエストに応じて、画像表示や画面を遷移したりする処理を行うプログラムのことです。MacやWindowsでWebサーバーを立ち上げてみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonでローカルPC環境にWeb Serverを立ち上げる方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでローカルPC環境にWeb Serverを立ち上げる方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

今回はPythonを使ってWeb Serverを立ち上げる方法を紹介します。

今では機械学習に使われている言語として有名なPythonですが、サーバーサイドの言語としても使われており、種類豊富なWebフレームワークが存在します。

今回はPythonの標準モジュールを使ってローカルのPC環境でWeb Serverを立ち上げてみます。

Web Serverとは?

Web Serverとは、ブラウザ(Chrome, Fire Foxなど)からのリクエストに応じて、画像表示をさせたり、画面を遷移したりする操作を行うマシンのことです。イメージを示すと、以下の画面の通りです。

ブラウザでアクセスした場合のWeb Sereverのリクエストとレスポンスの仕組み

ブラウザでURLを入力するとサーバに対してリクエストが送信されてサーバがレスポンスの画面をブラウザ上に表示させる仕組みです。

通常、サーバーはLinuxを使用したマシンが多いですが、ローカルで動作確認を行う程度であればWindowsやMacで確認することもできます。

Homebrewのインストール

それではMacのPython3上でサーバーを立ち上げるために、Python3の環境を構築します(Windowsの方はこの先のコマンドプロンプトでのWeb Serverの立ち上げ方まで進んでください。)。

そのためにまずはHomebrewをインストールします。HomebrewはMacで動作する拡張パッケージを簡単にセットアップするためのシステムです。

以下のコマンドを実行してHomebrewをインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

pyenvのインストール

Homebrewのインストールが終わったら、以下のコマンドを実行しpyenvをインストールします。

brew install pyenv

続いて、Python3系のバージョンをインストールします。今回は以下のコマンドを実行し、Python3.7をインストールします。

pyenv install 3.7.0

適当な作業ディレクトリに移動し、以下のコマンドで作業ディレクトリ上で先程インストールしたPythonのバージョンを実行します。

pyenv local 3.7.0

 

ローカル上でのWeb Serverの立ち上げ方(ターミナル)

先程pyenvでセットしたPythonのバージョンでWeb Serverを立ち上げるときは以下のコマンドで立ち上げが可能です。

python -m http.server 5000

数字はサーバーのポート番号を指定します。ちなみに何も指定しない場合は8000番ポートでこのサーバーが動作します。ブラウザを立ち上げて【localhost:5000】と入力すると、以下のようにブラウザ上にディレクトリの一覧が出力されます。

Pythonで立ち上げたWeb Serverにアクセスして取得したディレクトリ一覧

ローカル上でのWeb Serverの立ち上げ方(コマンドプロンプト)

Windowsの方はpyenvを使わずに、こちらのリンクからPythonをインストールして環境を構築します(既にパソコンでPython3系の環境が動作する場合はこの手順は不要です)。

コマンドプロンプトを立ち上げて【python -version】と入力し、Pythonのバージョンが表示されたらPythonがコマンドラインで動作します。

それではターミナルの時と同様に以下のコマンドを実行し、Web Serverを立ち上げてみます。

python -m http.server 5000

ブラウザ上で【localhost:5000】と入力すると、以下のようにブラウザ上にディレクトリの一覧が出力されます。

Pythonで立ち上げたWeb Serverにアクセスして取得したディレクトリ一覧

実際にローカルPC環境でWeb Serverを立ち上げてみよう

それでは、Web Serverを立ち上げてHTMLファイル表示させてみます。適当な作業ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。

python -m http.server 5000

続いてテキストエディタを開き、以下のHTMLファイルを作成し、サーバーを動作させている作業ディレクトリ上に保存します。

ファイル名は【index.html】とします。

<html>
    <body>
        <h1>Hello World!</h1>
        Success!
    </body>
</html>

保存したらブラウザを立ち上げて【localhost:5000】と入力して、先程作成したHTMLの画面が出力されたらサーバーが正常に機能しています。

Pythonで立ち上げたWebサーバーで作成したファイルにアクセスした結果

 

まとめ

今回は簡単にPythonでWeb Serverを立ち上げる方法を紹介してきました。

今回紹介した方法で静的サイトの動作確認をローカルで行うことができます。また、実際に手元のパソコンでローカルサーバーを立ち上げることで、このブログを始めみなさんが普段使うwebアプリケーションの仕組みを知ることが出来て、勉強になると思います。

監修してくれたメンター

メンター三浦

モバイルゲームを運用している会社のエンジニアをしています。趣味でWEB開発やクラウドコンピューティングもやっており、ソフトもハードもなんでもやります。

TechAcademyジュニアではPythonロボティクスコースを担当しています。好きな言語はPython, Node.js。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。