初心者でもすぐわかる!ALFTPの使い方

FTPクライアントソフトの【ALFTP】の使い方を初心者向けに解説した記事です。Windowsで使えるソフトで、日本国内で開発されています。インストール方法から、ファイルのアップロード方法まで紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

サーバーにファイルなどをアップする時はFTPクライアントソフトを使用しますが、今回はその一つである「ALFTP」の使い方を初心者向けに紹介します。

 

インストール方法と簡単な使い方を説明していくので、ぜひ自分でも試してみてください。

 

ALFTPの使い方

まずはインストールを行います。

ALFTPのページにアクセスしましょう。

atftp_001

 

ダウンロードと書かれたところがありますので、そこをクリックします。

atftp_002

ALFTPと書かれているところをクリックするとVectorのページに飛びますので、そこでダウンロードを行ないます。

あとは、ダウンロードしてきたファイルからインストールを行なえば、準備は完了です。

 

 

ALFTPの使い方

ALFTPを起動すると、このようなダイアログが表示されますが、特に設定する必要はないのでキャンセルをクリックしてしまいます。

atftp_003

 

メニューの「ファイル」を選択し、「接続」をクリックします。

atftp_004

 

また、メニューボタンの「接続」をクリックしても同様のことが可能です。

atftp_005

 

接続の設定画面が表示されます。

atftp_006

ここでは、下記のように各項目を入力します。

  • FTPアドレスFTPサーバ名(FTPホスト名)を入力します。
  • ユーザーIDFTPユーザー名(FTPアカウント名)を入力します。
  • パスワードFTPパスワードを入力します。

チェックボックスを弄る必要はありませんが、もう一度パスワードを入力するのが面倒だという人は「パスワード保存」にチェックを入れてもいいでしょう。

入力できたら「確認」をクリックしましょう。

 

サーバー側のファイルが上方に表示されます。

atftp_007

 

ローカル側でアップロードしたいファイル等を選択し、メニューの「転送」、「アップロード」とクリックしていきます。

atftp_008

 

なお、メニューボタンの「アップロード」をクリックしても同様のことが可能です。

atftp_009

また、ローカル側からファイルを直接ドラッグ&ドロップでアップロードすることも可能です。

 

ALFTPの使い方は以上です。

他にWindowsのFTPクライアントソフトを試したい場合は、WinSCPの使い方もご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyではプログラミング初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

オンラインブートキャンプ