Javaでのbreak文の役割を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaでのbreak文の役割について解説しています。breakはループ処理から抜け出すのに用いられます。switch文、for文、while文それぞれでの使用例と書き方を覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaでのbreak文の役割について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

break文の役割について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

break文とは

break文とは、処理の途中で抜け出すために使用される構文です。

if文やfor文、while文、switch文のブロックの中で使用し、break文が実行されたタイミングでブロックから抜けて後続処理を行います。

 

break文の書き方

break文は以下の形式で書くことができます。

 

break;

 

ではswitch文、for文、while文の中での利用例をみていきましょう。

 

switch文での利用例

プログラムソースコード

 

public static void main(String[] args) {
  int num = 3;
  switch(num) {
    case 1:
      System.out.println("1ですよ");
    case 2:
      System.out.println("2ですよ");
    case 3:
      System.out.println("3ですよ");
    case 4:
      System.out.println("4ですよ");
    default:
      System.out.println("defaultですよ");
  }
}

 

実行結果

 

3ですよ
4ですよ
defaultですよ

 

switch文では一度caseの中に入ると条件が一致していなくても後続のcaseやdefaultの中の処理を行います。

一致したcaseのみ実施したいときはbreak文を書く必要があり、修正したソースをみていきましょう。

 

プログラムソースコード

 

public static void main(String[] args) {
  int num = 3;
  switch(num) {
    case 1:
      System.out.println("1ですよ");
      break;
    case 2:
      System.out.println("2ですよ");
      break;
    case 3:
      System.out.println("3ですよ");
      break;
    case 4:
      System.out.println("4ですよ");
      break;
    default:
      System.out.println("defaultですよ");
  }
}

 

実行結果

 

3ですよ

 

for文

for文の場合、break文とif文を組み合わせることで繰り返しの途中で抜けることが可能です。

 

プログラムソースコード

 

public static void main(String[] args) {
  for (int i = 1; i <= 5; i++) {
    if (i == 3) {
      break;
    }
    System.out.println(i + "回目");
  }
  System.out.println("終了です");
}

 

実行結果

 

1回目
2回目
終了です

 

for文は1から5までの処理を繰り返します。

しかし、このプログラムでは繰り返しの途中で3回目の時にbreak文があるため、結果として3回目の時点で繰り返し処理を中断させて後続処理を行っています。

 

while文

while文では無限ループを途中で終わらせる処理の際に用いられる構文です。

 

プログラムソースコード

 

public static void main(String[] args) {
  int num = 1;
  while(true) {
    if (num == 3) {
      break;
    }
    System.out.println(num + "回目です");
    num++;
  }
  System.out.println("終了です");
}

 

実行結果

 

1回目です
2回目です
終了です

 

while(true)と無限ループを行っているものの、3回目の時点でbreak文が無限ループを中断させているため、後続処理に移行しています。

以上、Javaでのbreak文の使用方法についてソースコードを見ながら解説しました。

break文の使い方をマスターし、有効に活用していきましょう。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaでのbreak文の役割がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。