JavaScriptで可変変数を作る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで可変変数を作る方法について現役エンジニアが解説しています。可変変数とは、変数に変数を組み込んだもので変数を動的に作成することができます。JavaScriptで可変変数を作成するにはevalを使用しましょう。evalは引数をJavaScriptとして評価し実行します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaScriptで可変変数を作る方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をみてみましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptで可変変数を作る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

 

可変変数とは

可変変数とは、文字列などの変数の値に対してさらに変数を組み込んだものです。

そのため、変数を動的に作成することが可能です。

 

JavaScriptで可変変数を作る方法

JavaScriptで可変変数を作る方法は、evalを利用する方法があります。

evalは、文字列として表された JavaScript コードを式として評価する関数です。

これを利用して、可変変数を作成していきましょう。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

<!DOCTYPE html>
<html lang = "ja">
  <head>
    <meta charset = "utf-8">
    <title>JavaScript</title>
  </head>
  <body>
    <script>
      for (var i = 0; i < 10; i++) {
      eval("var n" + i + "=" + i + ";");
        eval("console.log(n" + i + ");" );
      }
    </script>
  </body>
</html>

JavaScriptのevalメソッドを使って、可変変数を作成し、変数の値を出力した画像

まとめ

今回は、JavaScriptで可変変数を作る方法を現役エンジニアが解説しました。

これ以外にも連想配列を利用する方法などあるので、色々試してみて状況に合った方法を選んでいきましょう。

 

執筆してくれたメンター

メンターTK

大学院でVBAを扱う研究を行い、プログラミングの素晴らしさに目覚める。

その後、建設系企業のシステム担当として従事。

JavaScriptやPHP、Processingなどに没頭中。

 

大石ゆかり

JavaScriptで可変変数を作る方法が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので参加してみてください。