JavaScriptのindexOfで配列要素の存在をチェックする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのindexOfで配列要素の存在をチェックする方法について解説しています。indexOfを使うことで指定した値が含まれているかどうかを判定することができます。基本の判定のしかたと要素が複数ある場合の書き方を学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのindexOfで配列要素の存在をチェックする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

indexOfで配列要素の存在をチェックする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

indexOfとは

配列から指定したものが何番目にあるかを調べるメソッドです。

MDNのリファレンスはこちら

 

indexOfで配列の存在をチェックする

indexOfの引数で指定したものが入れるの中にない場合は「-1」が返ってきます。これを利用して存在チェックができます。

let array = [1,2,3];
if(array.indexOf(1) != -1){
  console.log('配列の中に1があります');
}else{
  console.log('配列の中に1はありません');
}

解説

「let array = [1,2,3]」にて、3つの数字を格納した配列を作成しています。「array.indexOf(1) != -1」にて、indexOfを使って配列の中に1が何番目にあるかを確認して、なければ-1が返るので-1でない場合は1があることになります。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

要素が複数ある場合

配列が数字でなく文字列でも同様に処理することが可能です。複数の文字から指定した文字が何個目にあるかをコンソールに表示してみます。

let array = ['あああ','いいい','ううう'];
console.log( array.indexOf('ううう'));

解説

実行するとコンソールに2と表示されます。「ううう」という文字が配列の要素数2に入っているからです。配列の要素数は0から始まるので3番目という意味でもあります。

 

監修してくれたメンター

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。