Pythonにおけるtruncate()の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるtruncate()の利用方法について現役エンジニアが解説しています。truncateは入出力ストリームを指定の長さに切り詰めるメソッドです。数に切り詰めるバイト数を指定します。truncateメソッドを使って文字列のデータを切り捨ててみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonにおけるtruncate()の利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおけるtruncate()の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

truncate()とは?

truncateは入出力ストリームを指定の長さに切り詰めるメソッドです。
ファイルの長さを縮小、拡大するのに用います。
 

truncate()の使い方

openメソッド等で入出力ストリームを開きます。
入出力ストリームに対し、truncateメソッドを呼び出します。引数に切り詰めるバイト数を指定します。

詳細は公式のリファレンスを参照してください。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

truncate()を利用して文字列データを切り捨ててみよう

ソースコード

# step1
with open('tmp.txt', 'w') as f:
  print('a'*10, file=f)

# step2
with open('tmp.txt', 'a') as f:
  f.truncate(5)

# step3
with open('tmp.txt') as f:
  print(f.read())

 

実行結果

aaaaa
 

解説

ステップ1でtmp.txtファイルを開き、aという文字を10個書き込みました。
ステップ2で再度tmp.txtファイルを開き、長さ5に切り詰めました。ファイルを追記モード(a)で開くことに留意です。
ステップ3で再度tmp.txtファイルを開き、中身を読み取りました。結果が5文字になることを確認できました。
 

監修してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。