Javaでファイルの書き込みを行う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaでファイルの書き込みを行う方法について解説しています。FileWriter、PrintWriter、BufferedWriterそれぞれの使い方の違いと書き方をサンプルコードを使い確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaでファイルの書き込みを行う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

ファイルの書き込みを行う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ファイルの書き込みを行う方法

Javaでファイルの書き込みを行う場合、java.ioというパッケージを使用します。

java.ioはファイルの入出力、キーボードからのデータ取り組みなども可能です。

 

 

FileWriter

FileWriterクラスを使用しファイルに何かを書き出したりすることができます。

java.io パッケージの FileWriterクラスのオブジェクトを生成すると、同時に「ファイルを開く」という処理が行われます。

ファイルが存在しない場合は、新しくファイルが作成されるでしょう。

 

PrintWriter

PrintWriterクラスは、書き込みに特化したクラスです。

例えば、以下のメソッドを全て含んでいます。

  • print()メソッド
  • println()メソッド
  • printf()メソッド
  • format()メソッド

これらのメソッドをコンソールへの出力と同じように用いてファイルに出力できます。

FileWriterと同様の使用方法で出力文字列の整形など、テキスト出力に特化した機能です。

 

BufferedWriter

FileWriterクラスのファイルの書き込み操作は、一文字ずつ入行わなくてはならないため、使い勝手はイマイチだといえます。

対して、BufferedWriterクラスは、ある程度データをまとめて(溜めて)から、一度に出力(書き込み)をおこなうためのクラスです。

ある程度まとめて入出力を行うことができるため、処理速度を向上させることができるでしょう。

 

実際に書いてみよう

FileWriterクラスを利用したサンプルコード

import java.io.*;

public class FileWriterReaderSample {
    public static void main(String[] args) {
        FileWriter fw = null;
        try {
            File file = new File("c:¥¥src¥¥Test.txt");
            fw = new FileWriter(file);
            fw.write(" こんにちは");
            fw.flush();
        } catch(IOException e) {
            e.printStackTrace();
        } finally {
            try {
                if(fw != null) {
                    fw.close();
                }
            } catch(IOException e) {
                e.printStackTrace();
            }
        }
    }
}

まず、FileクラスやFileWriterクラスは java.io パッケージに含まれているため、インポート宣言をします。

try 〜 catch 文で囲っているの部分は、ファイルにデータを書き込む場合に必要な設定です。

ファイルを取り扱うクラスではjava.io.IOException クラスで例外が発生する可能性があるためです。

 

次にFileクラスをインスタンス化してオブジェクトを生成する際には、テキストファイルへのパス(ファイル名を含む)を設定しています。

Fileクラスのオブジェクトを引数に渡して、FileWriterクラスをインスタンス化しオブジェクトを生成しています。

こうすることによって、Fileクラスで管理しているファイルをファイルへの書き出し専用クラスであるFileWriterから使用することが可能です。

 

最後にflush()メソッドは、ファイルに指定した文字列を書き出すという機能を持っています。

write()メソッドは、書き込む文字列を指定するだけだったため、実際に書き込みたい場合はこのflush()メソッドを使用しましょう。

最後はfinally文を使用してクローズ処理を行っています。

ファイルに書き込みを行うためにつなげていたストリームを必ず閉じてあげましょう。

 

PrintWriterを利用したサンプルコード

以下、PrintWriterを利用したサンプルコードです。

import java.io.*;

public class PrintWriterSample {
    public static void main(String[] args) {
    	PrintWriter pw = null;
        try {
            File file = new File("c:¥¥src¥¥Test2.txt");
            pw = new PrintWriter(file);
            pw.println(" おはようございます");
            pw.println(" こんにちは");
            pw.println(" こんばんは");
            pw.flush();
        } catch(IOException e) {
            e.printStackTrace();
        } finally {
            if(pw != null){
                pw.close();
            }
        }
    }
}

PrintWriterクラスでインスタンス化してオブジェクトを生成する際に、Fileクラスオブジェクトを引数に指定してインスタンス化しオブジェクトを生成します。

PrintWriterクラスのprintln()メソッドを使用し、文字列をバッファ内に書き込むと同時に改行しました。

 

BufferedWriterを利用したサンプルコード

以下、BufferedWriterを利用したサンプルコードです。

import java.io.*;

public class BufferedMain {
    public static void main(String args[]){
        BufferedWriter bw = null;
        try{
            File file = new File("c:¥¥src¥¥Test3.txtt");
            bw = new BufferedWriter(new FileWriter(file));
            bw.write("こんにちは");
            bw.newLine();
            bw.write("お元気ですか?");
            bw.newLine();
            bw.flush();
        } catch(IOException e) {
            e.printStackTrace();
        } finally {
            try {
                if(bw != null) {
                    bw.close();
                }
            } catch(IOException e) {
                e.printStackTrace();
            }
        }
    }
}

BufferdWriterクラスをインスタンス化してオブジェクトを生成する際に、FileWriterクラスオブジェクトを引数に指定してインスタンス化しオブジェクトを生成します。

BufferdWriterは連結ストリームと呼ばれ、単独では使用できないため、FileWriterのストリームにつなげることで使用可能です。

FileWriterクラスは改行する際に必ず「¥n」を入れる必要があります。

しかし、BufferdWriterクラスはnewLine()メソッドを呼ぶだけで改行することが可能です。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

執筆してくれたメンター

松井紀明

メーカー系で17年エンジニアとして勤務後、現在はフリーのエンジニアとしてリモートワークで働いています。

Java、Perl、COBOL、最近ではRuby、PHP等、様々な言語での開発を経験しています。

TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaでファイルの書き込みを行う方法がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。