Javaの三項演算子でIF文を省略して書く方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaの三項演算子でIF文を省略して書く方法について解説しています。ここでは三項演算子を使ったif文の省略方法について説明します。三項演算子の書き方、使用時の注意点について覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaの三項演算子でIF文を省略して書く方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

三項演算子でIF文を省略して書く方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

三項演算子とは

「三項演算子」とは、ifなどの条件分岐を省略するために使用する演算子です。

また、「三項演算子」は3つの変数に対して使うものであり、下記で詳しく解説します。

 

他のJavaにおける演算子には、「単項演算子」と「二項演算子」が代表的な演算子です。

「単項演算子」は変数1つに対して使うもので、数値型の変数を1 だけ増やす++演算子やboolean型の変数をtrue→false、false→trueに変える!演算子などがあります。

「二項演算子」は2つの変数に対して使うもので、よく知られている+演算子や-演算子、*演算子などが含まれます。

 

 

 

三項演算子の使い方

三項演算子は条件演算子とも呼び、?と:を使って表すことが可能です。

下記のように表します。

条件式 ? 式1 : 式2;

 

この式の意味するところは、

条件式がtrue→式1

条件式がfalse→式2

となっていて、if文で数行にまたがって書かなければならない処理を短く記述することが可能です。

 

三項演算子は値を返すものであるため、何らかの変数に代入したい場合には、下記のように表します。

変数 = 条件式 ? 式1 : 式2;

また、関数の引数などにもカッコでくくることで、以下のようにして使用することも可能です。

関数((条件式 ? 式1 : 式2))

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

三項演算子を使う時の注意点

三項演算子を用いる際の注意点は、if文と同じようには使えない点です。

あくまで、値を返したい場合にのみ使うことが可能です。

if文のように条件によって、返す値を変えたいときには使えないということに注意しましょう。

条件によって処理を変えたい場合には、if文を使って記述するようにしてください。

 

実際に書いてみよう

では、実際に三項演算子を使って処理を記述してみましょう。

今回は、時刻を代入し、午前か午後か判定し、それに応じて文字列を出力するプログラムを書いてみます。

コードは下記のように記述可能です。

class Sample{
         public static void main(String args[]){

                String str;        //条件によって変化する文字列を格納するためのString型変数
                int time;        //時刻を格納するint型変数
 
                time = 18;        //時刻を代入(値を変えてみてください)
                str = time < 12 ? "午前" : "午後";        //午前か午後かでstrの値を変更する。
                System.out.println("現在は" + time + "時、" + str + "です。");        //文字列の出力

        }
}

これを実行すると、今回の場合は、

現在は18時、午後です。

と出力されます。

if文を使わなくても条件に応じた処理を記述できることが確認可能です。

 

また、println()関数の中身を、

System.out.println("現在は" + time + "時、" + (time < 12 ? "午前" : "午後") + "です。");

のように変更することでString型であるstrを宣言するのも省くことができます。

timeの値を変更して、実行結果を確認してみましょう。

 

この記事では、Javaにおける三項演算子について解説しました。

非常に便利な演算であるため、積極的に使ってみて自由に使えるようになっておくと優秀なプログラマに一歩近づけるでしょう。

 

執筆してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年。

Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。

好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

Javaの三項演算子でIF文を省略して書く方法がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。