HTMLの特殊文字でスペースを入力する方法を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLの特殊文字でスペースを入力する方法について解説しています。最初にWeb上で特殊文字を扱う際の注意点について説明します。次に各スペースの種類と文字コードでの入力方法について学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

HTMLの特殊文字でスペースを入力する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

特殊文字でスペースを入力する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

特殊文字とは

通常の半角英数字、ひらがな、カタカナ、漢字、ごく一部の記号を除いた特別な記号のことを指します。単位、郵便番号、数学などで登場する算術記号などが含まれます。全部覚えておく必要はありません。

Googleで、「任意の出したい記号」と「文字コード」と半角スペース区切りで入力し検索しましょう。出た結果をコピー&ペーストすると良いでしょう。特殊文字表一覧のサイトをブックマークしておいても良いでしょう。

 

スペースの出し方

半角スペース、全角スペースは、キーボードのスペースを入力し、文字変換して全角/半角と使い分けをするとよいでしょう。文字コードでもスペースを入力する事ができます。半角スペースを文字として入力するよりもこっちがていないな書き方と言えます。

スペースの種類

 

このように書くと半角スペースになります。これは、Non-breaking space の略です。空白(半角スペース)として表示されます。

 

  

このように連続すると、半角スペース+半角スペース=全角スペース分の幅が取れます。他のスペースの文字コードも紹介します。実務では以下を使うことは少ないでしょう。

 

 

半角スペース一つ分…なのだけれど、ほんの少しだけ広めの半角スペース。「n」の時の幅分のスペースです

 

 

半角スペース…なのだけれど、全角スペースと同じ幅くらいの半角スペース。「m」の時の幅分のスペースです。

 

 

半角スペース…なのだけど、通常の半角スペースより若干狭めです。thin=狭め・細いという意味ですね。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

まとめ

半角スペースは、通常の「 (半角)」でも「 (全角)」でもよいでしょう。しかし、ブラウザによっては半角スペースによってレイアウト崩れが発生することがあるので、上記文字コードを使うとよいでしょう。

 

注意:サイト全体での「半角/全角スペース」の統一

補足的な注意となりますが、サイト全体でのスペースの統一も重要です。半角と全角が交じるような記述にすると、統一感が出ず、作業者毎に好き勝手で選んでしまうと、そんなサイトは読みにくく、文字校正上でも適切ではありません。一般的な用例、用法に沿った使い方をすること、統一をするように心がけることも必要です。

今回は、HTMLの特殊文字で表示できる「スペース」表示、表示方法について紹介しました。

 

監修してくれたメンター

ゆかちん先生

フリーランスのクリエイティブディレクター。
制作会社、インハウス、スタートアップ企業などで、グラフィックデザイン・ウェブデザイン・アプリデザイン、ウェブディレクションなどに携わってきました。TechAcademyではWeb Designコース・ウェブディレクションコース・WordPressコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。