CSSでlist-style-typeを使って箇条書きを連番にする方法を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにCSSでlist-style-typeを使って箇条書きを連番にする方法について解説しています。連番の基本の書き方、list-style-typeの値による連番の種類の変更方法を説明します。色々な表記方法を試してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

CSSでlist-style-typeを使って箇条書きを連番にする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

CSSについてそもそもよく分からないという方は、CSSの書き方について解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のCSSカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、CSSに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

list-style-typeを使って箇条書きを連番にする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

CSSでlist-style-typeを使って箇条書きを連番にする方法

CSSでlist-style-typeを使って箇条書きを連番にする方法を紹介します。箇条書きを連番にすることで、順序を持った情報としてGoogleのクリーラーが認識することができSEO効果を高められます。なので、CSSで記載する際にはその情報が順番を持っているのか、それともただの情報のまとまりかによって使い分けるようにしましょう。

 

htmlでマークアップしよう

まずは、連番にしたい要素をHTML内に記述します。
連番なので、ulではなく、olで記述しましょう。

<ol>
<li>ねずみ</li>
<li>うし</li>
<li>とら</li>
<li>うさぎ</li>
<li>たつ</li>
<li>へび</li>
<li>うま</li>
<li>ひつじ</li>
<li>さる</li>
<li>とり</li>
<li>いぬ</li>
<li>いのしし</li>
</ol>

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

CSSで連番を変えてみよう

基本値は、1.からはじまります。主に以下のバリエーションがあります。

変更できる値

  • lower-roman/小文字のローマ数字
  • upper-roman/大文字のローマ数字
  • lower-greek/小文字のギリシャ文字
  • decimal/算用数字
  • decimal-leading-zero/先頭に0をつけた算用数字
  • lower-latin/小文字のアルファベット
  • lower-alpha/小文字のアルファベット
  • upper-latin/大文字のアルファベット
  • upper-alpha/大文字のアルファベット
  • cjk-ideographic/漢数字
  • hiragana/ひらがなのあいうえお順
  • katakana/カタカナのアイウエオ順
  • hiragana-iroha/ひらがなのいろはにほへと順
  • katakana-iroha/カタカナのイロハニホヘト順
  • lower-greek/ギリシャ文字

(実はまだいくつかありますが割愛しています)

 

実際に書いてみよう!

See the Pen
連番リストの表示例
by Yuka Sato (@yuka-sato)
on CodePen.

書体と色はどうなるの?

連番リストにしてみた場合の、その連番の書体と文字色はフォントに準じます。ちょっと変わった場合にしてみたい!という場合はぜひ使い分けしてみてくださいね!

 

監修してくれたメンター

ゆかちん先生

フリーランスのクリエイティブディレクター。
制作会社、インハウス、スタートアップ企業などで、グラフィックデザイン・ウェブデザイン・アプリデザイン、ウェブディレクションなどに携わってきました。TechAcademyではWeb Designコース・ウェブディレクションコース・WordPressコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。