JavaScriptで空文字(空白の文字列)を判定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで空文字(空白の文字列)を判定する方法について解説しています。if文を使用することで文字列が空文字であるかどうかを調べることができます。判定の書き方、空文字とnullとの違いについて学びましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptで空文字(空白の文字列)を判定する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

空文字(空白の文字列)を判定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

空文字とは

そのままの説明になっていまいますが、空っぽの文字のことです。文字列を書く際に”(ダブルクォート)または’(シングルクォート)で囲うかと思います。

文字列を書く例

"テックアカデミー ジュニア"

これを文字を書かずにで囲うだけにすると、0文字の文字列である空文字になります。

 

空文字を判定する方法

登録画面などで未入力を判定するような際に空文字の判定が必要になります。JavaScriptでは、空文字をfalseと判定するのでそのままif文の条件にすることで判定できます。

const kara = "";
if(!kara){
  console.log("空です");
}

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

空文字とnullの違い

どちらも空という意味では似ています。空文字は0文字の文字列ですが、nullは存在が無い状態を表します。
そのため、空文字は.lengthメソッドを使うとで文字数0が返って来ますが、nullに.lengthメソッドを使うとエラーになります。

また、nullの判定方法も空文字と同様にfalseと判定されるので、そのままif文の条件にすることで判定できます。

 

監修してくれたメンター

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。