JavaScriptのtoFixedメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのtoFixedメソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。toFixedメソッドはNumberクラスのメソッドで、小数点以下の数を指定した桁数にした文字列を返すメソッドです。toFixedメソッドを使って実際に桁数を指定したサンプルプログラムを解説しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのtoFixedメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのtoFixedメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Numberオブジェクトとは

JavaScriptに標準で入っている数値を表すオブジェクトです。文字列を数値に変換したり、整数かどうかを判定するメソッドなどの数値に関わる処理を持っています。

toFixedメソッドとは

小数点以下の数を指定した桁数にした文字列を返すメソッドです。その際に指定した桁数以下の桁がある場合は四捨五入されます。また、指定した桁数に満たない場合は0で埋められます。

MDNのリファレンスはこちら

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

toFixedメソッドの使い方

数値に.toFixed()として引数に小数点以下の桁数を指定することで使用できます。引数を省略した場合は0を指定したのと同じ動作になります。

var num = 1.23456;
num.toFixed(【指定する桁数】)

 

実際に書いてみよう

「12.3456」という数値にtoFixedを使ってみます。指定した桁数によって、四捨五入されたり0で埋められたりする動きが確認できるかと思います。

var num = 12.3456;

num.toFixed(); //1
num.toFixed(1);  //12.3
num.toFixed(3);  //12.346
num.toFixed(5); //12.34560

 

まとめ

基本的な数値を扱うNumberオブジェクトは使用する機会も多いのですぐに慣れるかと思います。toFixedは、返り値が文字列であること、指定した桁以下の小数で四捨五入されることに注意して使用してください。

筆者プロフィール

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。