Pythonで変数の型変換をする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで変数の型変換をする方法について現役エンジニアが解説しています。型変換とは、データ型を変換することで、文字列を数値に変更したりすることが可能です。文字列に変換するにはstr、数値に変換するにはint、浮動小数点に変換するにはfloatメソッドを使います。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonで変数の型変換をする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで変数の型変換をする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

型変換(型キャスト)とは

型変換とは、その名のとおりデータ型を指定した型に変換することです。

例えば、文字列を数値に変換してその後の計算に使用するといった場面でよく使用されます。

 

型変換の方法

型変換の方法について実際に見ていきましょう。

 

整数への型変換

整数への型変換には組み込み関数のint()を使用します。

 

浮動小数点数への型変換

浮動小数点数への型変換には組み込み関数のfloat()を使いましょう。

 

文字列への型変換

浮動小数点数への型変換にはstr()という組み込み関数を使いましょう。

ちなみにstrはStringの略です。

他にも様々な型へのキャストがあるものの、今回紹介したものを理解できれば問題ないといえるでしょう。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ここでは、実際にコードを書いて解説していきます。

整数への型変換

まずは、型変換を実施しないで計算してみましょう。

>>>num = "1"
>>>ans = num + 2
>>>print(ans)
TypeError   Traceback (most recent call last)
<ipython-input-1-1db5bd3d488b> in <module>
      1 num = "1"
----> 2 ans = num + 2
      3 print(ans)
 TypeError: can only concatenate str (not "int") to str

実行すると、TypeErrorエラーという名前のエラーになりました。

エラー名からも推察できる通り、型のエラーとして「文字列型なので計算できない。」という結果になりました。

 

次に、文字列から整数への変換を実施してから計算を行います。

>>>num = int("1")
>>>ans = num + 2
>>>print(ans)
3

このコードでは、無事にプログラムを実行できました。

また、文字列だけでなく、float型→int型についても同様に変換を行うことが可能です。

 

浮動小数点数への型変換

文字列から浮動小数点数への型変換も行うことができます。

>>>num = float("1.2")
>>>ans = num + 2.4
>>>print(ans)
3.6

 

また、Pythonにおける割り算の結果は必ずfloat型にキャストされるというルールを覚えておきましょう。

以下のコードを実行してみます。

>>>a = 4/2
>>>print(a)
>>>type(a)
2.0
float

上の例では4も2もどちらもint型であるため、計算結果は一見するとint型の2が返るように思われるでしょう。

足し算、引き算、掛け算の場合はint型になります。

しかし、割り算だけは暗黙的型変換と呼ばれ、float型にキャストされます。

 

文字列への型変換

最後は文字列への型変換を見ていきましょう。

>>>b = 1
>>>print(type(b))
>>>b = str(b)
>>>print(type(b))
<class 'int'><class 'str'>

str型に変換されたことが確認できましたね。

 

まとめ

この記事では、Pythonでの型変換の方法について見てきました。

データ型を意識してプログラムを書くことは非常に重要であるため、この記事を参考にしてキャストをマスターしてみましょう。

 

執筆してくれたメンター

柴山真沙希(しばやままさき)

大手IT企業などでエンジニアとして2年ほど勤務した後、個人事業主としてプログラミングスクール「エンペサール」を経営。

子供から大人まで幅広い層を対象にプログラミングを教えている。

得意言語はPython, HTML, CSSで、機械学習やデータ分析、スクレイピングなどが得意。

サッカー観戦や読書が趣味である。

 

大石ゆかり

Pythonで変数の型変換をする方法が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。