Pythonのsort関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのsort関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。sort関数とは、リストの並び替えを行うための関数です。数値や文字列のリストを昇順または降順に並べ替えます。また、sortedというメソッドもあり、こちらは新しい配列を返します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonのsort関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのsort関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

Pythonのコードを書いていると、リストの値を昇順(小さいものから大きいものの順)や降順(大きいものから小さいものの順)に並び替えたいことは結構あるかと思います。

Pythonでは、リストの値の並び替えをするにはsortという関数を使います。この記事ではsort関数の使い方についてご紹介します。

sort関数とは

sort関数とは、リストの並び替えを行うための関数です。数値や文字列のリストを昇順もしくは降順に並び替えることができます。

sort関数の使い方

sort関数は、「リスト名.sort()」という形で使うことができます。また、reverseという引数を任意で設定することもできます。reverseはデフォルトではFalseになっているので、reverseを特に設定せずに使うと昇順になります。reverse=Trueとすると降順にできます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際にsort関数のコードを書いてみましょう。

文字列のソート

>>>str_list = list("instagram")
>>>str_list.sort()
>>>print(str_list)
['a', 'a', 'g', 'i', 'm', 'n', 'r', 's', 't']

まず文字列をリストに変換しています。これは、sort関数の引数がリストでなければならないからです。そしてsort関数を実行すると、昇順に並び替えられていることが確認できました。

文字列における昇順とは、a,b,…zの順に並び替えることを言います。

次は降順にしてみましょう。

>>>str_list = list("instagram")
>>>str_list.sort(reverse=True)
>>>print(str_list)
['t', 's', 'r', 'n', 'm', 'i', 'g', 'a', 'a']

reverseにTrueを設定すると降順になっていることが確認できました。

数値のソート

int_list = [3,8,2,1,7,6,4,5,9]
int_list.sort()
print(int_list)

数値に関しても同様にソートできます。数値のリストに関してもreverseを設定して降順にすることもできます。ただ、先ほどとやり方は同様なのでここでは割愛します。

もう1つのソート方法

リストを並び替える方法はsort関数だけではありません。実はsorted()というよく似た関数が存在するのです。

ではsort()とsorted()は何が違うのかと言うと、「元のリストが並び替えられるかどうか」が違います。sort()は本当に元のリストが並び替えられるのに対し、sorted()は並び替えられた結果だけを取得します。

そのため、sorted()を使っても元のリストの順番は変わりません。また、呼び出し方も微妙に異なります。sort()は「リスト名.sort()」で呼び出したのに対し、sorted()は「sotted(リスト名)」で呼び出します。また、sortedもsortと同じようにreverseを引数に設定できます。

それでは実際のコードを書いていきましょう。

>>>int_list = [3,8,2,1,7,6,4,5,9]
>>>sorted(int_list)
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]
>>>print(int_list)
[3, 8, 2, 1, 7, 6, 4, 5, 9]

 

まとめ

この記事ではPythonでのリストのソートの仕方についてご紹介しました。sort()とsorted()という2種類の関数があり非常にややこしいですが、是非使いこなせるように頑張ってください。

監修してくれたメンター

柴山真沙希(しばやままさき)

大手IT企業などでエンジニアとして2年ほど勤務した後、個人事業主としてプログラミングスクール「エンペサール」を経営。子供から大人まで幅広い層を対象にプログラミングを教えている。

得意言語はPython, HTML, CSSで、機械学習やデータ分析、スクレイピングなどが得意。サッカー観戦や読書が趣味である。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。