WordPressでサイトの情報をバックアップする方法【初心者向け】

WordPress(ワードプレス)でサイトの情報を【バックアップ】する方法を初心者向けに解説した記事です。WordPressをアップグレードしたり、テーマを変えたりするなど、大幅な変更をする場合は事前にバックアップすることをおすすめします。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressをアップグレードする、WordPressのテーマを変更するなど、なにか大きく変更を加える際は、いざという時のためにバックアップをとることをおすすめします。

そこで今回は、初心者向けにWordPressでバックアップする方法を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressのサイトのバックアップってどうやったらいいんですか?調べてみたんですけど難しそうで・・・。

田島悠介

ちゃんと手順を踏めば難しいことはないよ!順を追って説明するね。

大石ゆかり

はい、お願いします♪

 

目次

FTPを利用する方法

今回はFTPを利用してバックアップをする方法として4つの項目について順番に紹介します。

  1. プラグインを停止させる
  2. FTPソフトを使って、必要なファイルをダウンロードする
  3. データベースのバックアップ
  4. バックアップしたデータの管理

 

プラグインを利用する方法

FTPを利用せず、プラグインを利用してバックアップをする方法を紹介します。

 

FTPを利用する方法

1:プラグインを停止させる

ダッシュボード>プラグイン>インストール済みから、全てのプラグインの一覧が表示できるので、有効なものを一括停止します。

プラグイン停止

アップグレードなどによって動かなくなる場合もあるので対応しておきましょう。

 

 

2:FTPソフトを使って、必要なファイルをダウンロードする

使用しているFTPソフトを開いて、必要なファイルをローカルにダウンロードしましょう。

FTPソフトは、WindowsではフリーソフトのFFFTPを使用している人が多いですが、あまり使ったことがないという人は、ドメインを管理しているサーバーのクラウド上FTPサービスなどを利用してもいいでしょう。

 

FTPソフトを使う

サーバーにあるファイルを必要なものだけローカルにダウンロードします。

FTPソフト

 

クラウド上のFTPを使う

ソフトを利用しないでもダウンロード可能です。

クラウド上のFTP

 

バックアップすべきファイル

できれば全てをバックアップするのが一番いいですが、ファイルサイズが多かったりと全てバックアップが難しい状況もあります。

そんな時に必ずバックアップすべきなのは、以下のファイルです。

■wp-content/uploadsフォルダ
→投稿に使用した画像や、自動で作成された様々なサイズの画像が収納されています。

 

■wp-content/themesフォルダ
→アップロード・インストールしたテーマが収納されており、テーマを編集している際はこのファイルがないと元に戻せなくなります。

 

■wp-content/pluginsフォルダ
→プラグインを利用している時のフォルダです。

 

 

3:データベースのバックアップ

ファイル自体のダウンロードができたら、データベースのバックアップを行います。

データベースには、カテゴリータグ、投稿本文などのデータがあります。プラグインなどを利用することも可能ですが、WordPressの機能を利用してバックアップ可能です。

 

まず、ダッシュボード>ツールから、エクスポートを選びます。

エクスポート

 

すると、「すべてのコンテンツ」を選択して「エクスポート」することができます。

エクスポートファイルをダウンロード

 

 

4:バックアップしたデータの管理

バックアップしたものは、FTPファイルと、xmlデータを合わせて保管しておきましょう。

PCに保存するよりは、外部機器に保存したり、Dropboxなどのクラウド上に保存する方が、PCへの負担も少なく、いざというときのリスクも少なくて済みます。また、バックアップした日ごとにフォルダを作って、バックアップデータをまとめておくと管理がしやすいですね。

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

BackWPupを利用する方法

1.BackWPupのインストール方法

  1. WordPressの管理画面からプラグイン→新規追加を選択します。
  2. BackWPupを検索して、今すぐインストールを選択します。
  3. 今すぐ有効を選択肢、インストールを完了します。

 

2.BackWPupの新規ジョブ設定方法

  1. インストールが完了するとメニューの左下部分に、BackWPupの選択肢が表示されます。
  2. 新規ジョブを追加をクリックして、新規ジョブを作成します。

 

3.BackWPupを実行してバックアップする

  1. メニューの左下部分のBackWPupの選択肢からジョブを選択します
  2. 今すぐ実行をクリックすることでバックアップが実行されます。
  3. BackWPupではFTPからアクセスできるWebサーバ内に保存したり、おてもとのPCにバックアップファイルをダウンロードしたりすることが可能です。

 

今回の記事は以上です。

バックアップを日常的/変更するタイミングで行い、サイト運営でのリスクを回避するようにしましょう。

バックアップのやり方がわかったら、WordPressをアップグレードしてみてください。

 

大石ゆかり

ちゃんとバックアップがとれました〜♪一つ一つ手順を追っていくと難しくないですね!

田島悠介

そうだね。何かあったときのために、定期的にバックアップすることをおすすめするよ。

大石ゆかり

はい、わかりました!

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。