PythonのPILのgetpixel関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのPILのgetpixel関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。PILというのは、Python Image Libraryの頭文字で、Pythonで画像を扱うためのライブラリです。getpixelは画像のピクセル情報を取得するメソッドです。画像のネガポジ反転を行ってみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PythonのPILのgetpixel関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonのPILのgetpixel関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事では、Pythonにおける画像処理ライブラリの1つであるPIL(Pillow)というライブラリに実装された関数であるgetpixel()メソッドについて解説します。
 

PILとは

PILとは、”Python Image Library”の頭文字で、Pillowなどと呼ばれることもあります。(厳密には違いますが、同じようなものだと思っても大丈夫です。)

名前の通り、Pythonで画像を扱うためのライブラリです。

OpenCVなど、Pythonで画像処理を行なうライブラリは他にもありますが、PILは単純な処理であればシンプルに記述できるので、そういった場合にはPILを使うと良いでしょう。
 

getpixel関数の使い方

PILで実装されているライブラリの1つにgetpixel()メソッドがあります。

getpixel()メソッドというのは、画像を構成するピクセルの情報を取得するメソッドです。

PILで画像を格納するImageクラスのメソッドで、次のように記述します。

Image.getpixel((x座標, y座標))

ピクセルの座標は、画像のように、左上が原点で横軸がx座標、縦軸がy座標になっています。

Pythonにおける画像処理ライブラリの1つであるPIL(Pillow)の、x座標とy座標の位置。y座標は下に行けばプラスになります。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

では、実際にgetpixel()メソッドを使ってみましょう。

コードはPythonの対話型で動かしています。

まずは、PILライブラリからImageモジュールをインポートします。

>>> from PIL import Image

画像の読み込み (Lenna.bmpという画像ファイルを読み込んでいます。各自のファイルの名前を使ってください。)

>>> img = Image.open("Lenna.bmp")

画像の表示。

>>> img.show()

画像サイズの取得 (x座標とy座標の大きさが表示されます。)

>>> img.size
(256, 256)

getpixel()メソッドのを使ってみる。

>>> img.getpixel(25,15)

ここからは、画像のネガポジ反転を、getpixelメソッドの他にputpixelメソッドを使って行なっています。

>>> for x in range(img.size[0]): ]):
...         for y in range(img.size[1]):
...                 r,g,b = img.getpixel((x,y))
...                 r = 255-r
...                 g = 255-g
...                 b = 255-b
...                 img.putpixel((x,y),(r,g,b))
...
>>> img.show()

ネガポジ反転された画像が表示されれば成功です。

プログラムの中身を変えると、他にも様々な変換ができます。
 

まとめ

この記事では、Pythonの画像処理ライブラリであるPILライブラリのgetpixelメソッドの使用方法について解説しました。

画像処理ライブラリについて勉強することは、最近活発な機械学習の画像認識分野などの理解にも役に立つと思うので、ぜひ勉強を進めてみてください。
 

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。