Javaの四則演算(算術演算子、複合演算子)の扱い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaの四則演算(算術演算子、複合演算子)の扱い方について解説しています。これらは加算、減算、乗算、除算といった四則演算やインクリメント、デクリメントといった処理に使用されます。それぞれの書き方と実行結果をみていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaの四則演算(算術演算子、複合演算子)の扱い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

四則演算(算術演算子、複合演算子)の扱い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

四則演算とは

四則演算とは、加算 (足し算)、減算 (引き算)、乗算 (かけ算)、除算 (割り算) の4つの演算(加減乗除)のことを指します。

ぞれぞれに使用する記号が決まっているため、記述間違いには注意しましょう。

 

算術演算子の使い方

Java言語の演算に使用する記号は次の通りです。

演算記号 計算 使用例 結果
+ 加算 10 + 2 12
減算 10 – 2 8
* 乗算 10 * 2 20
/ 除算 10 / 2 5
% 剰余算 10 % 2 0

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

複合演算子の使い方

プログラムでは、「ある変数の値に数値を足す、引く、かけ算する、割り算する」を行う機会が頻繁にあります。

通常の足し算では、num = num + 1; のように同じ変数名を2回使用することになります。

しかし、複合代入演算子を使用することで、変数名を省略することが可能です。

たとえば、int型の変数numを用意して11を代入したとしましょう。

int num = 11;

このint型の変数numに対して、複合代入演算子を使って計算式を簡略化する例をみていきます。

演算記号 計算 使用例 通常の式 結果
+= 加算代入 num += 2; num = num + 2; 13
-= 減算代入 num -= 2; num = num – 2; 9
*= 乗算代入 num *= 2; num = num * 2; 22
/= 除算代入 num /= 2; num = num / 2; 5
%= 剰余算代入 num %= 2; num = num % 2; 1
++ インクリメント num++; num = num + 1; 12
デクリメント num–; num = num – 1; 10

「++」のように「=」を使わないで値を更新する演算子のことを「単項演算子」といいます。

 

実際に書いてみよう

以下、サンプルコードとなります。

public class Arithmetic {
	public static void main(String[] args) {
		int value1, value2;
		value1 = 10;
		value2 = 5;
		System.out.println("加 算=> " + (value1 + value2));
		System.out.println("減 算=> " + (value1 - value2));
		System.out.println("乗 算=> " + (value1 * value2));
		System.out.println("除 算=> " + (value1 / value2));
		System.out.println("剰余算=> " + (value1 % value2));

		int num = 11;
		num += 2;
		System.out.println("加 算代入=> " + num);
		num -= 2;
		System.out.println("減 算代入=> " + num);
		num *= 2;
		System.out.println("乗 算代入=> " + num);
		num /= 2;
		System.out.println("除 算代入=> " + num);
		num %= 2;
		System.out.println("剰余算代入=> " + num);
		num++;
		System.out.println("インクリメント=> " + num);
		num--;
		System.out.println("デクリメント => " + num);
	}
}

実行結果

加 算=> 15
減 算=> 5
乗 算=> 50
除 算=> 2
剰余算=> 0
加 算代入=> 13
減 算代入=> 11
乗 算代入=> 22
除 算代入=> 11
剰余算代入=> 1
インクリメント=> 2
デクリメント =>1

 

執筆してくれたメンター

松井紀明

メーカー系で17年エンジニアとして勤務後、現在はフリーのエンジニアとしてリモートワークで働いています。

Java、Perl、COBOL、最近ではRuby、PHP等、様々な言語での開発を経験しています。

TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaの四則演算(算術演算子、複合演算子)の扱い方がよくわかったので、良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。