Pythonで効果音を再生する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで効果音を再生する方法について現役エンジニアが解説しています。効果音を再生するにはpygameやpyAudioなどのライブラリがあります。今回はpygameのmixerモジュールを使って効果音を再生してみます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonで効果音を再生する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで効果音を再生する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

効果音再生に利用できるライブラリ

Pythonで効果音再生に使うことのできるライブラリはいくつか存在しています。

例えば、下記のライブラリはよく目にするでしょう。

  • pygame
  • pyAudio
  • pydub
  • NumPy
  • mutagen

特にpygameとpyAudioはよく使用されます。

pygameではmp3音源を再生、pyAudioは基本的にwavファイルを扱うことができます。

Pythonで効果音を再生するライブラリのうち、この記事ではpygameを使った方法をみていきましょう。

効果音を再生する方法

pygameを使った方法は、非常にシンプルなので扱いやすいです。

pygameをインストールします。

pip install pygame

インストールができれば、pygameのmixerモジュールを使うことで効果音を再生することができます。

効果音の再生には、下記のように記述しましょう。

mixer.music.load("効果音ファイルのパス")
mixer.music.play(再生したい回数)

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

では、実際にコードを記述し、効果音を鳴らします。

from pygame import mixer
mixer.init()        #初期化
mixer.music.load("効果音ファイルのパス")
mixer.music.play(再生したい回数)

これを実行すると、実際に効果音が再生されることが確認できるでしょう。

 

まとめ

この記事では、Pythonで効果音を再生する方法について紹介しました。

プログラムに効果音を組み込むことで、ゲームをより面白くすることにも役立ちます。

音声や効果音を有効に活用していきましょう。

 

執筆してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。

好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

Pythonで効果音を再生する方法がよくわかったので、良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。