HTMLの要素ハイパーリンクを現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLの要素ハイパーリンクについて解説しています。aタグによるページ遷移の基本の書き方とその構造について説明します。何度も使用することになるので、仕組みも含めて理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

HTMLの要素ハイパーリンクについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

ハイパーリンクについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ハイパーリンクとは

HTML文書から他のHTML文書にページ遷移(移動)ができます。さらに、互いにリンクを設定してから、相互に移動できることから、「ハイパーリンク」と呼ばれていました。厳密にはブラウザによるHTML文書の「参照」ですが、Webの黎明期に、この機能が注目されて、話題になりました。

なお、リンクを設定しても、ページのURLが存在していなければ、それを表現している「404エラーページ」が表示されることになります。現在は、「ハイパーリンク」と呼ぶよりは、「リンク」がその意味を含んでいる場合が多いです。

 

ハイパーリンクする方法(aタグについて)

aタグは、Anker(アンカー)の略語です。

 

html

<a href="https://techacademy.jp/">テックアカデミー</a>

テックアカデミー

aタグのhref属性にURLを記述することにて、リンクを設定できます。実際に、画面に表示されている上記の文字をクリックしますと、テックアカデミーのトップページにページ遷移(移動)します。これは、ブラウザが、HTML文書内部のaタグに記述されているURLを自動的にWebページのアドレスとして識別してから、接続を実施する仕組みになっています。

また、HTML文書への移動だけができることではありません。他のソフトウェアを起動させることも可能になっています。例えば、専用のプロトコルとメールアドレスを記述してから、ユーザーが標準的に使用しているメールソフトを起動することもできます。以下に、そのサンプルコードを提示します。

html

<a href="mailto:sample@sample.com">試験メール</a>

試験メール

※この手法ついて、メールアドレスを不正利用されて、迷惑メールが届く可能性を否めませんので、推奨はしません。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

ハイパーリンクしてみよう

下記にサンプルコードを用意しました。まずは、href属性のダブルクォーテーションにて包まれた内側にURLを定義してから、次に、「文字」の部分をサイトのタイトルなどに変更してみてください。

html

<a href="">文字</a>

 

<a href="https://techacademy.jp/first-programming-bootcamp">はじめてのプログラミングコース</a>

はじめてのプログラミングコース

 

監修してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。