Ruby on Railsでhashを初期化する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsでhashを初期化する方法について現役エンジニアが解説しています。hash(ハッシュ)をHash.newを使って初期化し、storeメソッドでキーと値を追加してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Ruby on Railsでhashを初期化する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsでhashを初期化する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

hashとは

hash(ハッシュ)とは、キーと値という2つのデータがペアになった集合体のことです。

一般的には「連想配列」と呼ぶこともあります。

hashでキーと値を関連づけておくと、そのhashにキーを与えると関連づけた値を得ることが可能です。

 

例えば、’オレンジ’と’orange’を関連づけておくと、 hash から’オレンジ’を使って’orange’を取り出すことができるでしょう。

hashは、以下のようにキーと値を関連づけて表記します。

{'キー' => '値'}

例えば、冒頭の例では、

{'orange' => 'オレンジ'}

となります。

‘orange’がキーで、’オレンジ’が値です。

Webシステム開発の世界でよく使う「JSON(JavaScript Object Notation)形式」のテキストデータもキーと値を関連づけたデータです。

キーに関連して長さが不特定のデータを何でも関連づけられるので、WebやAIの世界でもよく使う「非定形データ」を表すのに向いています。

 

初期化する必要性

hashは、中身を初期化しないと使うことができません。

他の変数や配列などが初期化しないと使えないことと同じであるものの、初期化の方法は少し特殊です。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

hashを初期化する方法

要素のない空のhashを初期化したい場合には、以下のように記述しましょう。

result = Hash.new

要素が無い空のhashがresultに代入されます。

 

putsで空のhashを表示すると、下記のように記述できます。

{}

hashは、{}で括られて表示されます。

 

hashに要素を追加するには、以下のように記述しましょう。

hashのオブジェクト.store(キー,値)

storeメソッドを使って、追加したいキーと値を指定します。

 

newを使わずにいきなりhashのキーと値を指定して初期化することもできます。

result = {キー => 値}

キーと値の要素を持つhashが生成されます。

 

実際に書いてみよう

newとstoreメソッドを使うと、以下のように書けます。

result = Hash.new
result.store('orange', 'オレンジ')
puts result

実行すると以下のように表示されるでしょう。

{"orange"=>"オレンジ"}

 

要素を複数にしたい時は、storeを複数回実行します。

result = Hash.new
result.store('orange', 'オレンジ')
result.store('lemon', 'レモン')
puts result

コードを実行すると、

{"orange"=>"オレンジ", "lemon"=>"レモン"}

と表示されます。

 

storeメソッドを使わない場合は、以下のように書けます。

result = {'orange' => 'オレンジ'}
puts result

実行すると、

{"orange"=>"オレンジ"}

と表示されます。

 

要素を複数にしたい時は、要素を列挙していきます。

result = {'orange' => 'オレンジ', 'lemon' => ' レモン'}
puts result

実行すると、

{"orange"=>"オレンジ", "lemon"=>"レモン"}

と表示されるでしょう。

 

キーのシンボル指定

キーに指定できるのは、文字列以外にも「シンボル」があります。シンボルとは、コロン(:)をつけた文字列です。

:文字列

キーにシンボルを利用すると、hashは以下のように初期化できます。

result = {:orange => 'オレンジ', :lemon => 'レモン'}
puts result

あるいは、下記のように記述します。

result = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン'}
puts result

実行すると、

{:orange=>"オレンジ", :lemon=>"レモン"}

が表示されます。

シンボルのキーと文字列のキーの違いは、動作結果はほぼ同じであるものの、シンボルの方が動作速度が少し速いです。

 

値の数字指定

hashの値は、文字列だけでなく数字も指定可能です。

result = {'オレンジ' => 150, 'レモン' => 200}
puts result

実行すると、

{"オレンジ"=>150, "レモン"=>200}

と表示されます。

 

まとめ

hashはキーと値を持つ集合です。

hashはキーと値で初期化することができます。

WebだけでなくAIのような先進的な分野でもよく使われるためで、機会があったら挑戦してみましょう。

 

執筆してくれたメンター

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。

世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ

書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど

経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

Ruby on Railsでhashを初期化する方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。