Pythonのglobals関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのglobals関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。globals()は、グローバル名前空間にあるシンボル一覧を返します。それぞれの範囲にある変数や関数を表示させてみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのglobals関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのglobals関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

globals関数とは

globals()関数とは、グローバル名前空間にあるシンボル一覧を返します。

対になるのlocals()関数は、ローカル名前空間にあるシンボル一覧を返す関数です。

 

ローカル変数とグローバル変数の違い

グローバル変数はモジュール(スクリプト)全体で有効な変数です。

対してlocals変数はスコープ内でのみ有効な変数です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

glocals関数とlocals関数を実際に使ってみよう

以下、sample.pyスクリプトを作成し、関数を使用していきましょう。

x = 0

def foo():
  y = 1
  print('globals(): ', globals())
  print('locals(): ', locals())

foo()

sample.pyスクリプトを実行すると、以下の結果になりました。

globals():  {'__name__': '__main__', '__doc__': None, '__package__': None, '__loader__': , 
'__spec__': None, '__annotations__': {}, '__builtins__': , '__file__': 'sample.py', '__cached__': None, 'x': 0, 'foo': }
locals():  {'y': 1}

globals()の実行結果として、グローバル空間にある、変数xやメソッドfooが表示されました。

加えて、Pythonが自動的に割り当てる変数が表示されています。

locals()の実行結果として、ローカル空間にある変数yだけが表示されました。

 

まとめ

この記事では、globals関数と対になるlocals関数を紹介しました。

変数の名前空間を意識することで、変数の意図しない変更を予防できます。

そして、セキュアな(バグの少ない)プログラムを作りやすくなるでしょう。

 

執筆してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

Pythonのglobals関数の使い方がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。