JavaScriptで配列を初期化する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで配列を初期化する方法について解説しています。ここでは配列の基本と初期化を行う場合の書き方について、簡単な例で説明します。何度も使うことになるので仕組みを理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptで配列を初期化する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

配列を初期化する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

配列とは

配列とは、一つの変数に複数の値を格納するためのjavascriptオブジェクトです。配列を使うと、以下のように複数のデータを一つの変数に格納することができます。

var fruits = ["りんご", "みかん", "メロン"];

また、配列はArrayオブジェクトを利用しているため、Arrayオブジェクトに標準で実装されたメソッドを使うことができます。

例えば、push()メソッドを使うと、先ほどの配列に要素を一つ追加することができます。

fruits.push("いちご"); // 配列fruitsに値が1つ追加される

 

初期化とは

この場合、変数をArray型で定めることを初期化と呼びます。初期化することで、先ほどのpush()などのメソッドを使うことができます。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

配列を初期化する方法

[]を使う方法

以下のように変数を定義するだけで、変数を配列として扱うことができます。

var listTest = [] ;

Arrayクラスを使う方法

昔はこの記法だけしかありませんでした。Java言語のような記法で、以下のように変数を配列として定義できます。

var listTest = new Array();

 

実際に書いてみよう

[]を使う方法

配列として変数を定義した後は、push()メソッドが使えます。

var penCase = [];
penCase.push("えんぴつ");
penCase.push("消しゴム");
console.log( penCase );

実行結果

(2) ["えんぴつ", "消しゴム"]

(2)は、配列の長さを示しています。

初期値を最初からセットした状態で配列を初期化する場合

変数定義時に、最初から値を格納することもできます。

var cooler = ["水", "お茶", "コーヒー"];

値を取り出す時は、以下のように格納場所を指定します。

var coffee = cooler[2] ; // コーヒー

Arrayクラスを使う方法

Arrayクラスを使う場合も、初期化時に値を指定できます。

var coinCase = new Array(100, 100, 500);

console.log( coinCase );

コンソール出力時には[]の形式で表示されます。

実行結果

(3) [100, 100, 500]

 

まとめ

javascriptで配列を使う時は、変数定義時に初期化が必要です。配列を使いこなして、高度なプログラミングができるようになりましょう。

 

監修してくれたメンター

寺谷文宏

WEBアプリケーションエンジニアとして数多くのプロジェクトを経験し、フロントエンドからサーバーサイドまで総合的な開発を得意としています。

TechAchademyではフロントエンド、Javaコースを担当。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。