JavaScriptのJSON.stringifyメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのJSON.stringifyメソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。JSONはJavaScriptのオブジェクトのことで、記法を表します。JSON.stringifyはオブジェクトを文字列に置き換えて送受信しやすい形にシリアライズ化したものです。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのJSON.stringifyメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのJSON.stringifyメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

JSONとは

JSONとはJavaScript Object Notationの略です。直訳すると「Javascriptオブジェクト記法」ということになります。JSONにおけるJavascriptオブジェクトとは基本的には、{}(オブジェクト)と[](配列)を組み合わせてデータ構造を表現したものをJSONとして扱うことができます。

この組み合わせを「Javascriptオブジェクト記法」と呼ぶことができるでしょう。

JavaScriptのJSONの重要性

サーバーと通信する際に、「データ形式はJSONでお願いします」と言われるケースがよくあります。JSONは扱いやすく、複雑なデータ構造も表現できるため、多くのサーバー通信でJSON形式のフォーマットが用いられています。

特に、最近はAPI通信時にJSON形式でデータのやり取りをするケースが頻繁に見られます。

JSON.stringifyメソッドとは

Javascriptプログラム内で{}(オブジェクト)と[](配列)を組み合わせたデータ構造をJSONと呼ぶことができますが、実際にサーバー通信する際に送信するデータは、JSON構造のデータに「シリアライズ化」という処理を施す必要があります。

この処理を1行で実行できる便利メソッドが、JSON.stringifyメソッドです。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

JSON.stringifyメソッドの使い方

とても簡単で、以下の書式でシリアライズ化対象データを格納した変数を、JSON.stringify()の引数に指定するだけです。

var jsonData = JSON.stringify( JSON形式のデータ );

サーバー通信する際には、この「jsonData」を渡せばOKです。

実際に書いてみよう

実際に、JSON.stringify()でJSON形式のオブジェクトをシリアライズ化するコードを書いてみましょう。以下の手順で進めます。

  1. まずはJavascriptプログラム内でJSON形式のデータを用意する
  2. 用意したデータをJSON.stringify()で変換する
  3. JSON.stringify()処理後のデータを確認してみる

 

JSON形式のデータを用意する

まず、JSONの要件を満たすサンプルデータを用意します。

var objData = { name : "TechAchademy" , 
                languages : ["javascript", "HTML", "CSS"] }

 

JSON形式のデータをJSON.stringifyメソッドで変換する

用意したデータをJSON.stringify()で正式なJSON形式に変換します。JSON.stringify()の処理前と処理後をconsole出力で確認してみましょう。

var jsonData = JSON.stringify(objData);
 
console.log( "objData : ", objData );
console.log( "jsonData : ", jsonData );

 

JSON.stringifyの処理後のデータを確認する

console出力結果は以下の通りです。

JavaScriptの配列データをJSON.stringifyメソッドを使ってJSON形式に変換するサンプルプログラムの実行結果。

objDataはJavascriptプログラム内で扱うことのできるオブジェクトデータで、プロトタイプ情報も持っているため、objData.name と記述すれば、対応するデータの「TechAchademy」という文字列を取得することができます。

一方、jsonDataはシリアライズ化された正式なJSONデータのため、文字列情報しか持っていません。ですから、jsonData.name や jsonData[“name”] を実行しようとすると、結果はundefinedとなってしまいます。

これがJSON.stringify()処理が必要な理由です。

まとめ

JSONはAPIやサーバーにデータを送信する際のフォーマットとして、欠かせません。Javascriptプログラム内でJSON.stringify()を使うことにより、簡単にJSONデータを生成することができます。

ぜひ実用的なプログラムで使ってみてください!

筆者プロフィール

寺谷文宏(てらたにふみひろ)

WEBアプリケーションエンジニアとして数多くのプロジェクトを経験し、フロントエンドからサーバーサイドまで総合的な開発を得意としています。

TechAchademyではフロントエンド、Javaコースを担当。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。