Ruby on Railsのhashをsortする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsのhashをsortする方法について現役エンジニアが解説しています。hashのsortとは、hashの中身を条件にあった順や昇順・降順に並べ替えることです。hashのキーで並べ替える方法や値で並べ替える方法を解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Ruby on Railsのhashをsortする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsのhashをsortする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Ruby on Railsの hashのsortとは

hashのsortとは、hashの中身を条件にあった順に並べ替えるためのメソッドです。

hashについては、Ruby on Railsでhashを初期化する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】の記事も合わせてご覧ください。
 

sortを使う場面や利用メリット

hashは要素を追加しても集合を自動で並べ替えてくれません。実際にhashに要素を設定してみると、設定した順になっていることがわかります。

例えば、

result = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン', peach: 'ピーチ', apple: 'アップル'}
puts result

このプログラムは、hashを定義して表示するだけのプログラムです。実行すると以下のように表示されます。設定した順に並んでいます。

{:orange=>"オレンジ", :lemon=>"レモン", :peach=>"ピーチ", :apple=>"アップル"}

しかし、場合によってはhashのキーをアルファベット順にしたり、hashの値をアルファベット順にしたりして並べ替えた方が、処理上都合がいい時があります。

sortを使うと並べ替えが比較的簡単にできます

{:apple 'アップル', :lemon 'レモン', :orange 'オレンジ', :peach 'ピーチ'}

こちらは、キーをアルファベット順に並べ替えてから表示した例です。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

hashをsortする方法

キーで昇順/降順にする

昇順/降順とは何だったでしょうか。先におさらいしておきます。
例えば、アルファベットのaから順にzの順に並べることを昇順と言います。逆にzからaの順に並べることを降順と言います。文字は全て文字コードを持っていて、文字コードの小さい順が昇順、大きい順が降順です。

hashをキーで昇順にsortします。以下のようにします。

ハッシュ.sort.to_h

実はsortの結果はarray(配列)となりますので、hashに変換するためにto_hメソッドを使います。

次のような少し複雑な方法もあります。

ハッシュ.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| k1 <=> k2 }.to_h

k1とk2がキー、v1とv2が値です。k1 <=> k2で、キーで昇順の意味になります。

hashをキーで降順にsortします。以下のようにします。

ハッシュ.sort.reverse.to_h

こちらも、次のような少し複雑な方法もあります。

ハッシュ.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| k2 <=> k1 }.to_h

k2 <=> k1で、キーで降順の意味になります。
 

値で昇順/降順にする

値でsortするには、少し複雑な方法を使います。

値で昇順にします。以下のようにします。

ハッシュ.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| v1 <=> v2 }.to_h

v2 <=> v1で、値で昇順の意味になります。

値で降順します。以下のようにします。

ハッシュ.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| v2 <=> v1 }.to_h

v1 <=> v2で、値で降順の意味になります。
 

実際に書いてみよう

キーでsort

fruits = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン', peach: 'ピーチ', apple: 'アップル'}
result = fruits.sort.to_h
puts result

あるいは

fruits = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン', peach: 'ピーチ', apple: 'アップル'}
result = fruits.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| k1 <=> k2 }.to_h
puts result

と書きます。このプログラムを実行すると、キーで昇順でソートされ、

{:apple=>"アップル", :lemon=>"レモン", :orange=>"オレンジ", :peach=>"ピーチ"}

と表示されます。

降順でソートする時は、

fruits = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン', peach: 'ピーチ', apple: 'アップル'}
result = fruits.sort.reverse.to_h
puts result

あるいは

fruits = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン', peach: 'ピーチ', apple: 'アップル'}
result = fruits.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| k2 <=> k1 }.to_h
puts result

と書きます。このプログラムを実行すると、キーで降順でソートされ、

{:peach=>"ピーチ", :orange=>"オレンジ", :lemon=>"レモン", :apple=>"アップル'}

と表示されます。
 

値でsort

fruits = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン', peach: 'ピーチ', apple: 'アップル'}
result = fruits.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| v1 <=> v2 }.to_h
puts result

このプログラムを実行すると、値で昇順でソートされ、

{:apple=>"アップル", :orange=>"オレンジ", :peach=>"ピーチ", :lemon=>"レモン"}

と表示されます。

値の文字列の先頭の全角カタカナの文字コードの昇順で並べ替えられます。値を数字にしてsortしてみます。

fruits = {orange: 100, lemon: 150, peach: 80, apple: 200}
result = fruits.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| v1 <=> v2 }.to_h
puts result

このプログラムを実行すると、

{:peach=>80, :orange=>100, :lemon=>150, :apple=>200}

と表示されます。この時は、値の数値の昇順で並べ替えられます。

fruits = {orange: 'オレンジ', lemon: 'レモン', peach: 'ピーチ', apple: 'アップル'}
result = fruits.sort {|(k1, v1), (k2, v2)| v2 <=> v1 }.to_h
puts result

このプログラムを実行すると、

{:lemon=>"レモン", :peach=>"ピーチ", :orange=>"オレンジ", :apple=>"アップル"}

と表示されます。この時は、値の降順で並べ替えられます。
 

まとめ

hashにsortを使うと、hashの中身を並べ替えることができます。

hashの中身を昇順や降順にした方が、処理上都合がいいときに使ってみましょう。
 

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。