PHPでcookieの有効期限を設定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでcookieの有効期限を設定する方法について現役エンジニアが解説しています。cookie(クッキー)とは、Webサイトを訪問したユーザーの情報を一時的の保存する仕組みや、データのことです。PHPではsetcookie関数でクッキーを発行することが出来て、有効期限を設定することも出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回はPHPでcookieの有効期限を設定する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでcookieの有効期限を設定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

cookieとは

cookie(クッキー)とは、Webサイトを訪問したユーザーの情報を一時的の保存する仕組みや、そのデータのことを言います。

ユーザID、パスワード、メールアドレス、訪問回数などがユーザー情報として保存されます。
 

cookieの有効期限を設定する方法

cookieは有効期限を設定しない場合、ユーザーがブラウザを閉じてしまうと消えてしまいます。

PHPのsetcookie()関数を使用することで、cookieの有効期限を設定することが可能です。

setcookie($cookie名,  $cookieの値,  $有効期限)

setcookie()関数は、cookieを定義するための関数なので、第三引数の有効期限の他に、第一引数にcookie名を、第二引数にcookieの値を設定することができます。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは、実際にsetcookie()関数を使用して、cookieの有効期限を設定する例を見ていきましょう。

<?php
 $time = time() + 60;
 setcookie("userId", "hoge1234", $time);
?>

上記の例では、$timeに1分という値を定義して、setcookie()関数で有効期限を設定しています。

time()関数は現在時刻を取得する関数で、その時刻に60秒を加算して$timeに代入しています。

$timeをsetcookie()関数に引数として渡すことで、1分間有効なcookieを定義しています。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。