JavaScriptの例外処理まとめを現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptの例外処理まとめについて現役エンジニアが解説しています。例外処理とは、想定外の事態に対処する処理のことで、例外エラーによって処理を分けることが出来ます。例外処理はtry、catch、finallyなどの構文を使います。例外をキャッチした場合にはcatchの処理が実行されます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptの例外処理まとめについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptの例外処理まとめについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

例外処理とは

例外処理とは、想定外の事態に対処する処理のことで、プログラムの世界で言うと、エラーが起きたときの処理と考えれば良いです。
 

try…catch文の使い方

try…catch文を使うには、まず、エラーが起きる可能性があるコードをtry節で囲います。

次に、catch節でエラーが起きたときの処理を記述します。

try {
  console.log(a) // a is not definedが起きる
}
catch(e) {
  console.error(e)
}
console.log(1)

try…catch文によりエラーで中断されずにコンソールに1を出力できます。
 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

try…catch…finally文の使い方

try…catch…finally文の使い方は、try…catch文にfinally節を加えるだけです。

connection.get()
try {
  executeSQL()
}
catch(e) {
  console.error(e)
}
finally {
  connection.close()
}

 

errorオブジェクトとは

errorオブジェクトとは、エラーが発生した時に投げられるもので、その名の通りcatch節で捕まえることができます。

コンソールに出力することでエラーの内容を確認できます。

catch(e) {
  console.error(e)
}

この記述がまさにcatch節で捕まえてコンソールに出力する処理です。

引数のeがerrorオブジェクトだったのです。
 

throw new Error文の使い方

特定の条件では、あえて処理を終了させたい場面があります。そのようなときはthrow new Errorの出番です。

下記は、変数objが初期化されていないときは処理を終了するようにしたコードです。

const b = false
let obj
try {
  if (b) {
    obj = {
      a: 1
    }
  }
  else {
    throw new Error('変数objは初期化されていません。')
  }
  console.log(obj.a)
}
catch (e) {
  console.error(e)
}

これで、変数bがfalseのときは処理が終了することにより、その後のconsole.log(obj.a)は実行されません。
 

筆者プロフィール

メンター久保田さん

Webシステム開発が中心のシステムエンジニア。

HTML、CSS、JavaScript(React、Vue.js)、PHP、Javaが守備範囲。最初に選ぶポケモンは炎タイプ。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。