PHPの疑似変数thisの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPの疑似変数thisの使い方について現役エンジニアが解説しています。擬似変数thisは$thisのことで、自分自身のオブジェクトを表し、インスタンス化をした際に使用できるようになるでしょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPの疑似変数thisの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPの疑似変数thisの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

疑似変数のthisとは

クラス内でメンバ変数が定義されている場合、疑似変数$thisを使用することで、クラスの変数にアクセスすることが可能です。

正確には、$thisは自分自身のオブジェクトを表し、インスタンス化をした際に使用できるようになります。

 

thisの使い方

クラスのメンバ変数を定義して、メンバ変数をそのクラスのメソッド内で参照したい場合、$変数のみの指定では参照することができません。

そのため、クラス内のメンバ変数にアクセスするためには疑似変数$thisを使用します。

thisはクラス内に定義されているメンバをひとつにまとめたオブジェクトであり、メソッド内に定義された$変数はすべて$thisに格納されるような形になります。

また、クラス内のメソッド(staticメソッドも含む)にも$thisでアクセス可能です。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

下記のプログラムで$thisの実際の使用方法をみてみましょう。

<?php

class Fruits {
   public $fruits = 'apple ';
   public function output_fruits_name() {
      return 'grape ';
   }
  // 呼び出されるメソッド
   public function test() {
      echo $this->fruits;
      echo $this->output_fruits_name();
   }
}
// インスタンスの生成
$obj = new Fruits();
// メソッドの呼び出し
$obj->test();

 

出力結果

apple grape

また、下記のプログラムでは、test()内に定義された$fruitsの値ではなく、クラス内にメンバ変数として定義された$fruitsにアクセスしていることが確認できるでしょう。

<?php
class Fruits {
   public $fruits = 'apple';
   public function test() {
      $fruits = 'grape';
      echo $this->fruits;
   }
}
$obj = new Fruits();
$obj->test();

 

出力結果

apple

 

執筆してくれたメンター

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

PHPの疑似変数thisの使い方がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。