PHPで配列(Array)の中身を出力する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで配列(Array)の中身を出力する方法について現役エンジニアが解説しています。配列の特定の要素を出力するには配列のインデックス番号を指定して表示させます。全ての要素を出力するには繰り返し文を使うか、var_dumpやprint_rなどの出力用の関数を使います。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPで配列(Array)の中身を出力する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで配列(Array)の中身を出力する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

配列の特定の要素を出力する方法

PHPで配列から特定の要素を出力するには、配列のインデックスを指定します。

<?php
$array = ['apple', 'orange', 'lemon'];
print_r($array);
echo $array[1];

 

出力結果

Array
 (
 [0] => apple
 [1] => orange
 [2] => lemon
 )
orange

PHPの配列の構造は、0番目から始まるインデックスが各値の部屋番号のように振られ、そのインデックスを指定することで、そのインデックスに対する、値を取得できます。
 

配列のすべての要素を出力する方法

PHPで配列のすべての要素を出力するためには、foreach制御文を使用します。

foreach制御文は()内に生成した配列と各配列の要素一つひとつを格納する変数を設定し、それをasキーワードでつないで使用します。

foreach( $配列変数名 as $各要素を入れる変数)
<?php
$array = ['apple', 'orange', 'lemon'];
foreach($array as $value){
 echo $value;
 echo '
'; }

 

出力結果

apple
orange
lemon

上記の例では、$arrayに配列をforeach制御文に設定し、取り出した要素を$valueの中に格納して出力することで、配列の中の全ての値を出力しています。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

配列の要素数を出力する方法

PHPで配列の要素数を出力するためにはcount関数を使用します。

count ( $配列 [, モード ] )

第一引数には対象の配列を指定します。
第二引数にはカウント時のモードを指定しています。COUNT_RECURSIVE (または 1) を指定した場合は、再帰的にカウントが行われます。これは、多次元配列をカウントする場合などに使用されます。

count関数の戻り値は引数で渡した配列の要素数を数値で返します。配列がセットされていない場合や、空の配列として初期化されている場合は0を返します。

<?php
$array = ['apple', 'orange', 'lemon'];
echo count($array);

 

出力結果

3

$arrayに設定された要素数は3つなので、count関数に$arrayを設定して出力した結果は、数値の3が返ってきます。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。